40代になると子供を産んだ産んでないに関係なく、どうしても体のラインがくずれてきます。日本人は開放的な民族ではないので、どうしても体型を隠しがちです。

水着自体を着たくないと思ってる人さえいますが、昔と違って今はホントに様々なデザインの水着があるので挑戦しやすいですよね。

40代の体型カバーをしつつ、自分好みのおしゃれな水着を見つけちゃいましょう。


40代の水着は体型カバーでおしゃれなものを

体型カバーとひと言でいってもどこを隠したいのかで選び方は変わってきます。

お腹周り?太もも?二の腕?それとも胸?

コンプレックスは一箇所じゃないよという場合は一番隠したいのはどこなのか優先順位をつけてみましょう。もしくは全部隠すか、ですね。

水着で体型カバーしたいお腹

水着体型カバーお腹

お腹周りを隠すならこのようなタンキニやロンパース水着、サロペット水着で比較的簡単に隠すことができますよね。

体型カバー水着

この画像のネイビーのサロペット水着は実際に買って海で着ました。派手にならなくて体型カバーできるので(笑)ウエストの位置が変えられるし肩のストラップの長さも変えれたので背が低いわたしにも使いやすかったです。

こんな感じの、お腹部分に余裕のある水着を選べば座った時の腹肉を気にせずに済みますね!

ちなみにママ水着として人気なのは子どもに引っ張られても脱げないものだそうです。抱っこしたときとかママの手はふさがってしまいますもんね。

水着で太ももカバー

水着で太ももカバー

ありがたいことに太ももまでカバーできる水着の種類も増えましたよね。

ひと昔前のようにレギンス水着を着なくても大丈夫です。あれって隠してるようで砂浜に黒が目立って、ムチッとしたラインが強調されてしまうのでおすすめしません。

余裕のあるパンツタイプやスカートタイプの水着を選べば太ももとお尻をカバーしてくれます。

膝あたりまで隠したいなら画像のようにビキニの上にビーチドレスやパレオを着るのも素敵ですよ^^

水着で二の腕カバー

水着二の腕カバー

二の腕が太いのをカバーしたいなら肩にポイントがある水着にしましょう。目線が肩に行きますし、ボリュームがあれば比較的二の腕が細く見えます。

逆に画像のように肩部分だけ見せて二の腕部分を隠してしまうのもいいですよね。オフショルダービキニだと若すぎて中々手がでないけど、オフショルダーワンピースなら大人っぽいです。

水着で二の腕隠し

水着二の腕カバー

二の腕のシミやブツブツを隠すなら袖付きがいいですよね。ビキニやタンキニのセットで二の腕を隠せるチュニック付きは使いやすいですよ。

水着で胸大きく見せる

胸が小さいとできるだけ盛りたいんですよね。でもこれが意外と難しくて、洋服のようにはいきません。

ヌーブラビーチなどのシリコンパッドを使うのも手です。使うならぶっつけ本番はやめて家で一度は試しておきましょう。水着からはみ出たりするので(笑)

普通のパッドはレモンなどもいいですがL字型がおすすめです。ですがこれも水着に合わないことがあるので一度お試しを。

盛るほどではないけど小ささを感じさせないようにするには、露出控えめの水着を選べば基本的に胸は目立たないですよ。

水着で胸小さく見せる

水着体型カバー胸お腹

胸が目立たないように露出の少ないタンキニやロンパースを選ぶのがおすすめです。

中のビキニはワイヤーなしのものが胸の形がキレイに出ます。できれば布面積が大きいホルターネックがいいですね。バンドゥタイプだと逆に胸がつぶれてしまいます。

ワンピース水着は胸が強調されるデザインが多いのでやめておいた方がいいでしょうね。

水着で体型カバー全体なら

水着の上に着る

隠したいのが広範囲ならラッシュガードがいいかもしれません。色展開も豊富だし、このまま水に入れるし紫外線までカットしてくれますからね。

長袖ですが水に入れば暑くないですよ~

40代の水着 ワンピースでも体型カバーできる?

40代ワンピース水着

40代でおしゃれな水着といえば大人っぽいワンピース水着の人気があります。

今はスカートタイプのワンピース水着が多いので、太ももやお尻をカバーしてくれます。

さらに胸を強調してくれるので、メリハリをつけやすいです。

ただウエスト部分はピッタリしてしまうのでお腹周りが気になるならやめておいた方がいいかもしれませんね。

 

水着で体型カバーできる色は?

水着で体型カバー
細く見せるなら黒、ネイビーなどの濃い色ですね。あとはカーキなどダークな色ですかね。いわゆる明度と彩度が低い色が引き締まって見えます。水着のベースの色は暗めな色を選ぶと無難です。

他の色と対比させることが大切なんですが、水着だと肌面積が比較的多くなるので無地のデザインを選んでも問題ありません。

逆に白やパステルカラーなどの明るい色は太って見えます。

寒色系は収縮色、暖色系は膨張色と覚えておくのが簡単ですね^^

40代水着で体型カバーのまとめ

水着で体型カバーするならどの部分に対してなのか、自分の中で優先順位を決めておきましょう。

カバーする箇所によって水着の選び方が変わってきます。

ワンピース水着は体型カバーが難しいと思われがちですが、太ももカバーできるので、好きなデザインは尻込みせず挑戦しましょう。

 

→画像の体型カバー水着のサイトをチェックする