日焼け止めが目にしみる原因

日焼け止めを塗ると目にしみませんか?痛くて目をずっと開けてられないことがあります。

ですが痛いのに同じように日焼け止めを使い続けると目が炎症を起こしてしまうことも。

だからといって紫外線対策をしないとまぶたや目元にシミやシワができます。紫外線はたるみの原因にもなるので困りますよね。

今回は日焼け止めが目にしみる場合の塗り方や日焼け止めの選び方、目の周りの紫外線対策についてご紹介します。

スポンサードリンク

日焼け止めが目にしみる原因

日焼け止めが目にしみる原因は

  • 塗り方
  • 成分

のどちらかが考えられます。

日焼け止めの塗り方 まぶたや目元

一般的な日焼け止めはまぶたや目元には塗らない方がいいとされています。あなたは目のキワのギリギリまで塗ったりしていませんか?

目の周りの皮膚は頬に比べると1/3ほどの薄さしかありませんし、大変デリケートだからです。

敏感な人は特に反応してしまいますからね。

まぶたや目元は避けて日焼け止めを塗るようにしましょう。

わたしの場合は日焼け止めを塗った直後は大丈夫なんですが、だんだんしみてきます。どうやら日焼け止めがまつげについてしまうことで、目がしょぼしょぼして痛くなるようです。瞬きを繰り返すうちに目に入ってしまうんでしょうね。

日焼け止めが目にしみる成分

一般的な日焼け止めは塗りやすく使用感を良くするために化学成分が配合されています。

直接日焼け止めが目に入らなくても目にしみてしまうのは、エタノールなどの揮発成分が気化するからです。

エタノールは消毒にも使われていますし、肌を清潔に保つ働きがあります。ただし目にしみたり敏感肌の場合は、乾燥したり荒れることもあるので注意が必要です。

日焼け止めはアルコールフリー(エタノールフリー)で、「顔・からだ用」よりも「顔用」を選ぶようにしましょう。目にしみる日焼け止めは体に使うようにするといいと思います。

また紫外線吸収剤はダメだけど紫外線散乱剤であれば問題ないという人もいます。

わたしは化粧水もエタノールが入っていると目にしみてツライので、アルコールフリーのスキンケアを基本にしています。

目元やまぶたの紫外線対策

目元やまぶたには一般的な日焼け止めは塗らない方が良いとなると、紫外線対策で悩みますよね。

以下に紹介するのであなたに合った方法を試してくださいね。

日焼け止めで目にしみないものを探す

目にしみるしみないの個人差があるので、自分に合ったものを地道に探してみましょう。

スポンサードリンク

アルコールフリーで紫外線吸収剤不使用の顔用を目安に探すといいかと思います。

子供用の日焼け止めを使うのも刺激が少ないですよ。

わたしは家の中での日常使いにはパックスナチュロンの日焼け止めを使っていました。

テクスチャーが固いし伸びにくいから慣れるまでは使いづらいけど、安心して使えるのに値段が安くて良かったです。

日焼け止め下地を使う

外出する際には、化粧下地で日焼け止め効果があるものを使うのが現実的かと思います。下地は目の周りに使えますからね。

わたしは今は家の中で仕事をしているので、あまり化粧下地を使うことはなくなってしまったんですが、HANAオーガニックのウェアルーUVはさらっと使えるのでお気に入りです。

紫外線対策の化粧品を使う

BBクリームやCCクリームなどのUV効果のある化粧品を使えば、別で日焼け止めを使わなくても大丈夫ですよね。

上からUVルースパウダーなどをはたくと崩れにくいし、紫外線対策も安心です。

飲む日焼け止め

まぶたや目元はもちろん全身のUVケアをするなら飲む日焼け止めが便利です。

塗る日焼け止めに比べたら値段は高いかもしれないけど、塗りムラも気にしなくていいしケアの時間がかかりません。

時短したい、忙しい、細かいケアがめんどくさい、という人におすすめです。

日傘や帽子やサングラス

紫外線を浴びる量を少なくするにはUV効果のある日傘や帽子やサングラスを使いましょう。

夏の熱中症予防にもなるので一石二鳥。

日焼け止めが目にしみる!についてのまとめ

とにかく目にしみる日焼け止めは顔に使わないようにしましょう。目は取り返しがつかないですからね。

ですが目の周りの紫外線対策は老けて見られないためにもしておきたいですね。

あなたに合った方法でまぶたも目元も守っていきましょう。

スポンサードリンク