親知らずは抜くべきか

親知らずが生えてきたけど抜かなきゃだめなんでしょうか。

できれば歯医者で痛い思いはしたくないですよね。

でも抜くことによるメリットもデメリットもあるんです。

抜く場合のタイミングについても知っておきましょう。

スポンサードリンク

親知らずは抜くべき?

親知らずは抜く必要があるのかと思ってしまいますよね。

必ずしも親知らずを抜かなければいけないということはありません。

状態によって抜くべきかどうかは違いますし、今はまだ抜かなくても支障がないという場合もあるようです。ケースバイケースですね。

わたしは実際に

  • 抜かないで残してある親知らず
  • 抜いてしまった親知らず

両方のケースがあります。

診察した歯科医によっても見解が分かれることがあるので、納得できなかったり疑問に思った場合は別の歯医者さんに行くといいですよ。

親知らずを抜かなかった話

わたしは左上の親知らずを抜いてませんし、普通の歯と同じように使っています。

というのも、その親知らずが生えてきたときに隣の歯が虫歯で歯医者さんに行ったんですよね。結構大きい虫歯だったんですよ。

で、たまたま親知らずが真っすぐ生えてたんで、歯科医の先生の提案で虫歯を抜歯して親知らずを残すことにしたんです。

でも歯と歯の間に隙間ができるじゃないですか。噛みにくいんじゃないかって思ってたんですけど、意外と普通に食べれて大丈夫でした。

「抜いた箇所の隙間は狭くなっていくよ」って言われたんですけどその通りでした。だんだんせばまっていくんですよ。親知らずが他の歯に近づいていく感じです。

未だに少し隙間はあって、すきっぱみたいな感じなので歯磨きは気を付けないといけませんが、健康な親知らずでありがたいです。

もう10年以上前の話なんですが正解だったと思ってます。

でも歯の生え方や他の歯の位置との関係もあるので必ず残せるとは限らないですけどね。

親知らずを抜いた話

右上の親知らずが生えてきたときも左上と同じようにできれば残したいと思いました。虫歯になっていない健康な歯を抜くのは嫌だったので、一応先生に「左上と同じように残せないか?」と聞いたんですけどね。

でも斜めに生えてたんです。斜めに生えてることで下の歯との摩擦がないんです。とがっていて、頬の内側や舌が傷つくので抜きました。

抜いた歯を見たら「なるほど」と思うくらい鋭かったですよ。

ちょっと残念でしたが、しょうがないですね。

親知らずを抜くメリットとデメリット

親知らずを抜くことにはメリットとデメリットがあります。

親知らずを抜く人が多いのはメリットが多いからです。

個人的には抜かずにすむなら抜きたくないと思ってしまいますけどね。

ただし親知らずの生え方によってリスクの度合いは違います。歯科医に相談して教えてもらうのがいいです。

親知らずを抜くメリット

親知らずを抜くメリットというのはあります。

親知らずを抜かないでいるとリスクがあるからです。つまり抜いてしまえば以下のリスクを回避できるということです。

スポンサードリンク

親知らずを抜かないでいるとどうなるか

  • 隣の歯を圧迫して痛みが出たり歯並びやかみ合わせを悪くすることがある
  • 歯磨きがしにくいので歯垢がたまりやすく口臭の原因になる
  • 虫歯や歯周病になりやすい
  • 歯茎が腫れたり痛むことがある
  • 親知らずが虫歯になると奥歯の奥なので治療が難しい

親知らずの生え方によっては隣の歯を押して圧迫します。痛むこともありますし、歯並びや噛み合わせを悪くすることもあります。

そして現代人の小さい顎では親知らずはとても歯磨きがしにくいです。奥歯の奥ですしね。歯垢がたまりやすいので口臭の原因になります。生えかけの時の口臭もきついですしね。

手入れが難しいので虫歯や歯周病にもなりやすいです。さらに歯茎が炎症を起こして腫れたり痛みが出ることがあります。重症化するとあごの骨を溶かしてしまうこともあります。

親知らずは一番奥に生えているので治療がしにくいですしね。

でも親知らずがキレイに生えていれば問題ない場合もありますよ。

親知らずを抜くデメリット

親知らずを抜くことによっても少なからずデメリットはあります。

  • 歯の本数が減ってしまう
  • 抜歯をすること自体が心身の負担になる
  • 奥歯がなくなった時に親知らずを移植できる可能性がなくなる
  • 隣の歯がなくなった時にブリッジなどの利用もできない

単純に歯の本数が少なくなってしまいますし、抜歯というのは少なからず痛みがあるので体にとっては負担がかかるものです。

抜歯の傷口が治るまでは食べるのも不便ですし、口臭があります。

それに親知らずは奥歯がなくなった時の保険になります。スペアとして移植が可能だからです。必ずしも移植できるとは限らないんですが、インプラントなどよりも自分の歯が一番ですよね。

すでに奥歯が虫歯だったり神経を抜いているという場合は、親知らずを残せる状態なら抜かない方がいいかもしれません。

親知らずを抜くタイミング

親知らずを抜くとしても一体いつがいいでしょうか。

抜くのであればできるだけ早い方が良いとされています。若ければ若いほど抜歯の後の回復も早いですしね。

斜めや横に生えてる場合は、今はなんともなくても炎症を起こす可能性が非常に高いです。

親知らずの生え始めだったり、生えてなくても痛みがある場合はできるだけ早めに歯医者に行ってレントゲンを撮ってもらったほうがいいですね。あなたの親知らずによって起こりうるリスクを教えてもらいましょう。

痛みがあるときは基本的に抜歯はしてくれないので、炎症などの症状がおさまった時に処置されるかと思います。

上の歯であれば痛みが長引くことは少ないですが、下の歯を抜く場合は痛みが強かったりするので2~3日休めるようなときがいいかもしれませんね。

親知らずは妊娠前に

特に妊娠希望なら早めに処置が必要です。

妊娠中は虫歯になりやすい傾向がありますし、親知らずがホルモンバランスによって痛むこともあるそうです。

ですが妊娠中だと薬に制限がありますよね。妊娠の時期によっては痛みを我慢するしかないかもしれません。抜歯もリスクがあるので勧められることもないでしょうし。産後の抜歯も授乳を一時止めるようになることもあります。

妊娠する前に親知らずはもちろんですが他の虫歯の処置もしておいた方がいいでしょうね。

親知らずを抜くべきか?のまとめ

一般的には親知らずは抜いた方が良いというケースが多いです。でもわたしのように親知らずを抜かなかった人も少なくありません。

抜くべきか抜かないでもいいかというのは一概には言えないので、歯科医に診てもらうのがいいと思いますよ。

スポンサードリンク