毛穴が広がってしまうと汚れが溜まりやすいから黒ずみやすいし、角栓も詰まりやすいです。

角栓の成分はたんぱく質が7割、皮脂が3割ほどです。毛穴に詰まってそのままにしておくと酸化して黒ずんだりニキビの原因になることも。

手触りもザラザラしてくるし、ファンデーションの毛穴落ちにも悩みます。

特に鼻の毛穴は悩みのタネだし、どうにかなくしていきたいですよね。

ここでは鼻のケアの大切さと毛穴落ちしない下地について紹介します。

スポンサードリンク

鼻の毛穴なくす方法

鼻は顔の中でも目立つ場所ですし、毛穴があると年齢も上に見えてしまいます。まずは毛穴の原因と対策のケアを確認しましょう。

毛穴の開きは大きく3つの原因が考えられます。

  • 年齢肌
  • 先天性
  • 皮脂の過剰分泌で毛穴の周りが老化する

実は毛穴は一度開いてしまうと完全に閉じることはできません。特に年齢肌と先天性のものについては難しいです。ただケアによって小さく見せることはできますし、これ以上開かないように予防していくことが大切です。

鼻の毛穴をなくす方法の基本的な考え方としては、毛穴を清潔にして保湿をすることです。特に年齢を重ねた毛穴に対しては潤いが必要です。

皮脂の過剰分泌によるものについては、ビタミンC誘導体が入っている化粧水を使って皮脂の酸化防止や酸化還元をしましょう。

さらに内側のケアとして食生活を整えることが基本なのですが、皮脂の過剰分泌を抑える働きのビタミンB群を積極的に摂取していきましょう。

鼻だけでなく頬の毛穴も最近目立ってきたと感じるなら、年齢肌のたるみによる毛穴開きの可能性が高いです。たるみの大きな原因は年齢による乾燥なので毛穴にもしっかり保湿しましょう。

鼻のケアについて

鼻は脂が出るから、とケアがおろそかになりがちな場所です。目の周りや頬にはクリームを塗ってるけど鼻には塗ってない、なんてことはないですか?

年齢と共に乾燥するのは鼻も同じです。わたしはあるとき気付いたら乾燥してました。鼻は皮脂でベタベタしやすかったですし、特にケアをしてなかったからだと思います。

でもベタベタするのは乾燥が原因のこともあるんだとか。乾燥から肌を守るために皮脂でカバーしようとするからなんです。しっかり鼻にもケアをするべきだったと学びましたね。

ただ間違ったケアで刺激や乾燥を与えると、余計に毛穴が開いてしまうことがあるので注意が必要です。丁寧な洗顔と保湿をこころがけましょう。洗顔は丁寧といってもゴシゴシはだめですよ。詳しくは以下にまとめています。

角栓を抜くパックなどは一時的にすっきりしますが、毛穴にとっては刺激ですし余計に広がる恐れもあります。さらに皮膚の角質も一緒にはがしてしまうので、ターンオーバーが遅くなっているオトナには特におすすめできません。

毛穴をキレイにするのは時間がかかります。長い目で見て、毛穴ケアをしつつメイクアップで毛穴を見えなくするのが現実的ですね。

鼻の毛穴ケア

クレンジングや洗顔で毛穴の汚れを落とすのは大切ですが、丁寧に洗うことが大切です。肌を刺激しないように指でやさしく洗いましょう。

忙しかったり時間がなかったりで毎日の洗顔が雑になると、皮膚に汚れが残ってしまうので黒ずみや角栓になってしまいます。せめて寝る前だけでも丁寧なスキンケアをしましょう。

泡立つタイプの洗顔料はキチンと泡立ててから使いましょう。顔で泡立てるのは刺激が強いので厳禁です。

スクラブの入ったものやクレイなどは使用頻度をしっかり守りましょう。汚れが取れるようなつもりになって毎日使いつづけていると、気が付いたときにはカサカサになって毛穴どころじゃなくなります。

ケアをきちんと続けて行くことで毛穴がキレイになりキメも整います。そうすると毛穴が小さく見えるようになるので肌が美しくなりますよ。

洗顔前にオイルと綿棒

スチーマーや蒸しタオルで毛穴を温めて開かせてから、オイルと綿棒で毛穴の汚れを浮かせましょう。

綿棒にオイルを染み込ませて鼻の毛穴をなでるようにクルクルと掃除しましょう。決してゴシゴシしてはいけません。クレンジングを綿棒でする感じと思ってください。ですが刺激の少ないオイルを使った方が肌には優しいです。

綿棒を使うと細かいところまで届くので、指では取れない汚れがキレイになります。

オイルはベビーオイルやワセリン、オリーブオイル、椿油、ニベアなどでOKです。あなたが日ごろ使っているものなら安心して使えますよ。

この後に通常の洗顔をしていきましょう。

スポンサードリンク

毛穴のクレンジング

クレンジングについてはメイクの仕方が人それぞれなので、汚れが落ちていると思う物を使いましょう。できれば低刺激のものを選びたいところです。

できるだけ皮膚が動かないように優しくなでてくださいね。

オイルクレンジングの正しい使い方

オイルクレンジングが良くないと言われている理由としては、正しい使い方が浸透してないからなんです。

オイルでメイクを浮かせた後に、オイルがついたままの手の平を水で濡らしましょう。手の平同士でこすりながら白っぽくなるように乳化させます。この手の平のまま顔のオイルも乳化させます。うまく白くならなかったら手の平を乳化させる所から繰り返しましょう。あとはぬるま湯で流してから洗顔料を使いましょう。

つまりオイルを塗っただけで流すのは間違っているということ。毛穴にオイルが残ってしまうので乳化させて使ってくださいね。濃いメイクはオイルクレンジングを使いたいですもんね。

毛穴の洗顔

酵素洗顔が毛穴の汚れをきれいにしてくれることで人気です。パウダー状になってることが多いですね。ただメーカーによって肌に合わないことがあるので、機会があったらためしてみてはいかがでしょうか。

毛穴の洗顔には今使っている洗顔料にプラスαを混ぜる方法も話題です。

洗顔料にまぜるプラスα

重曹
食用のものをひとつまみでスクラブ効果。刺激があるので週に一度ほどで。
重曹と同じように使ってスクラブ効果。でも塩を使うなら塩浴を顔にするのがおすすめです。
はちみつ
泡立てた洗顔に一滴混ぜるとモッチリ泡になって汚れを吸着してくれる

洗顔後に冷やす

洗顔後に毛穴が開きっぱなしだと皮脂がどんどん出てベタベタになってしまいます。

洗顔が終わったら、肌を引き締めるために冷水で顔を洗い流しましょう。松田聖子さんは洗顔の後に水で何度も何度も顔を洗うと言っていました。肌キレイですもんね。

冷やして引き締めることが大切なので、保湿のあとに保冷剤を肌に当てるという方法もツイッターなどで話題になっていましたね。

冷やすのは一時的な効果という意見もありますが、するとしないではメイクノリが違うと感じます。

毛穴落ちしない下地で対策

毛穴をカバーしたくてファンデーションを塗っても、毛穴落ちしてしまって余計に汚く見えてしまいますよね。

毛穴に悩む方の多くは皮脂崩れを気にしてテカリ防止の下地やファンデーションを使っていることが多いです。特に問題なく満足できるなら構いませんが、毛穴落ちを避けるためには毛穴に特化したものを使うべきです。

毛穴レスの下地で口コミが良いものを選びましょう。

わたしはアットコスメでも高評価のMIMURA SS COVERがすごく良かったです。

毛穴落ちしない下地

MIMURA SSカバー

40代ともなれば鼻だけでなく頬の毛穴も気になりますよね。MIMURA SS COVERは鼻の毛穴はもちろん頬の毛穴にも使えて、年齢肌のことも考えられています。

わたしは目もとのシワやほうれい線にも使ってみたら、薄めのシワなら目立たなくなりましたね。

瓶が小さいし見た目は少なく感じるのですが、一度に使う量はあずきの粒ほどの少なさなので2か月くらいもちます。逆につけすぎると化粧するのが難しい…。ファンデーションがムラになりやすいです。素早く、うすーく伸ばして使う方が良いようです。

皮膚の上に一枚の膜を貼ったかのようにスベスベになります。この下地を使ってメイクをすれば肌がとてもきめ細かく見えるんです。

毛穴のボコボコを埋めてくれて、化粧崩れも防いでくれる優秀な下地、なのに美肌成分が入っていて保湿力もあります。一度使うと手放せないっていう口コミも、わかりますね。

乾燥時期にはまだ使ってないので冬にはどんな感じかはわかりませんが、透明で使いやすいですし十分試す価値があると思いますよ。

鼻の毛穴をなくす方法!のまとめ

鼻の毛穴は短時間で綺麗にすることは難しいです。長い目でキレイにしていくしかありません。

丁寧にケアを継続しながら、メイクで上手に毛穴をなくすようにしてはいかがでしょうか。

つるすべな肌を目指しましょう!

スポンサードリンク