ゆうちょ銀行から他の銀行へ振込

ゆうちょ銀行と他の銀行ってシステムが違うから、戸惑ってしまうことが多くありませんか。

民営化前のゆうちょは銀行ではなかったので、他銀行とは簡単に取引できなかったですから、しょうがないかもしれないですけどね。

今回はゆうちょ銀行から他の銀行への振込について紹介します。

スポンサードリンク

ゆうちょ銀行から他の銀行へ振込のやり方

ゆうちょ銀行から他の銀行へ振込のやり方は

  • ATM
  • ゆうちょダイレクト
  • 窓口

の3種類の方法があります。

必要なものはゆうちょ銀行の総合口座(送金機能つきの通常貯金・通常貯蓄貯金)もしくは一般振替口座です。

総合口座から振込む場合「通帳とお届印」または「キャッシュカード」が必要です。

通帳でのキャッシュサービスつまりATM利用の場合は、お届印の代わりに暗証番号入力でもOKです。一般振替口座からの振込には「お届印」が必要です。

ゆうちょから他の銀行へ現金で振込できるか

ゆうちょ銀行から他の銀行への現金のみの振込は現在できません。窓口もATMも両方ともです。

ただし、あなたがゆうちょ銀行の口座を持っていれば現金を一旦そこへ入金して、その口座から振り込みすることができます。この口座というのは総合口座もしくは一般振替口座になります。

もし持っていなければ当日に窓口で口座の開設をして、その通帳でATMなどから振り込みすることができます。

ゆうちょ銀行のATMでの振込のやり方

ゆうちょ銀行からの振込で一番多いのはATMを使う方法だと思います。

ゆうちょのATMは他の銀行と違って、画面に振込という文字がありません。慣れてないと、どうすればいいかわかりにくいですよね。

画面左の真ん中の「送金」というボタンをまず押します。そうすると画面が変わって、左下に「他行口座へのご送金」が出てくるのでそこを押します。あとは画面の案内に沿って振込みをすればOKです。

払込という単語も出てきて混乱しますが、他銀行への振込をする場合は「他行口座へのご送金」です。

ゆうちょ銀行の窓口からの振込方法

ゆうちょ銀行または郵便局の貯金窓口で振り込むことができますが、簡易郵便局の窓口での取扱いはありません。

通帳とお届け印を忘れずに持っていってくださいね。照合など、セキュリティを高くしている場合はお届け印(暗証番号も)がないと何もできませんよ。

あとは窓口の人が教えてくれるので従えばOKです。

ただATMに比べて手数料が高いので、振り込みを窓口からする人はあまりいないかと思います。

ゆうちょダイレクトの振込のやり方

ゆうちょダイレクトで振り込みなど、利用するためにはあらかじめ申し込みが必要です。

パソコンやスマホで取引ができるのは便利ですよね。

ゆうちょダイレクトは振込以外にもいろいろな操作方法を紹介してくれているので参考にしてくださいね。

→ゆうちょダイレクトから他金融機関あて振込(パソコン)

ゆうちょ銀行の振込と払込と振替の違い

基本的に送金とはお金を送ること全体に使う言葉です。

ではその中の振込・払込・振替など似たような言葉はどうのように違うのでしょうか。

簡単に説明すると次のようになります。

スポンサードリンク
振込
ゆうちょ口座と他金融機関口座との間での送金(電信のみ)
払込
現金からゆうちょ口座への送金(電信と通常)
振替
ゆうちょ口座同士の送金(電信のみ)

ゆうちょ同士が払込、ゆうちょ銀行から他の金融機関への送金は振込ということですね。

ゆうちょ銀行から振込みできる時間

ゆうちょ銀行で振り込みができる受付時間

ATM・ゆうちょダイレクトであれば取扱時間内ならいつでも受付できます。ただ1月1日から1月3日までは振込できません。窓口やATMの稼働時間は場所によって違うので近くにある郵便局やATMを調べてくださいね。都心の方が長い時間やってることが多いです。

首都圏や関西ならファミリーマートにあるゆうちょATMを使うのが便利です。いわゆるコンビニATMではなく緑色のゆうちょATMのことですのでお間違いなく。

郵便局・ATMをさがす

ゆうちょ銀行から振り込まれる時間

相手銀行に反映される時間も気になりますよね。

他銀行への振込は全銀システムで振込データのやり取りが行われます。このシステムは平日9時前~15時までです。

というわけであなたが平日15:00以降、土曜日、日曜日、休日(12月31日を含む)に振込をした場合は翌営業日扱いになります。さらに窓口で平日14:30以降に振り込んだ場合、または振込事務の繁忙日などでやむを得ない事情がある場合は翌営業日扱いになることがあります。

基本的には相手の銀行の営業時間を考えるとわかりやすいですね。

その点、ゆうちょ同士なら24時間オンラインで送金できるのは便利ですね。

ゆうちょ銀行から他銀行への振込手数料

ゆうちょ銀行から他銀行への振込手数料(消費税込み)については以下の通りになります。

お振込金額 5万円未満 5万円以上
窓口  648円  864円
 ATM 216円 432円
ゆうちょダイレクト 216円 432円

手数料は差がありますねー。窓口ではなく、ATMやゆうちょダイレクトを利用した方がお得だということがわかりますね。

ゆうちょ銀行の時間外手数料について

ゆうちょ銀行には時間外手数料というものはありません。とにかく窓口であろうがATMであろうが営業時間であれば普通に使うことができます。

土日も深夜も気にせず使えるのはありがたいですね。やっている場所を探すのは難しいかもしれませんが。

参考記事
→ゆうちょのATMは土日も引き出しや送金できる?銀行への振込みは?

ゆうちょ銀行から他の銀行へ振込のまとめ

ゆうちょ銀行から他の銀行への振込は現金のみの取り扱いはしてないです。口座を持っていないとできません。

口座から他銀行の口座への送金ということですね。

窓口からだと手数料が高くなってしまうので、ATMもしくはゆうちょダイレクトを使うのがおすすめです。

ゆうちょはいろんな場所にあるので深夜でも振り込める場所が多いので便利ですが、受け取る銀行は営業時間のみにしか反映しないので注意が必要ですね。

こちらの記事も読まれています
ゆうちょのATMは土日も引き出しや送金できる?銀行への振込みは?
ゆうちょ銀行の支店名はどこに書いてある?キャッシュカードで検索できる
スポンサードリンク