年賀状の一言文例

年賀状の手書きの一言コメントって毎年困りものです。

頻繁に連絡をとっているならまだしも、結婚すると女性は特に友人とご無沙汰になりがち。年賀状だけのやり取りになってしまっていて、正直何を書けばいいのか、なかなか思いつきません。

同じように、まだ会ったことがない親戚や疎遠になった会社の上司などの添え書きメッセージはどうすればいいのかも悩みます。

今回はしばらく会ってなかったり面識がなかったりする相手に対しての、年賀状の手書きの一言文例を紹介します。

スポンサードリンク

年賀状の一言 ご無沙汰の友人へ

「今年こそ会おうね」など実現しないであろうことや思っていないことを書くと、虚しいし、しらじらしいので、素直な気持ちを書いてみてはどうでしょうか?

共通の思い出の一言文例

同じ学校出身だったり、同じバイトだったり共通の思い出につながる一言で表してみましょう。

  • 同窓会楽しかったね
    次の開催はいつかなぁ
  • この前○○高校(母校)の前を通ったら懐かしかったよ
  • 学生の時に一緒にやった寒天ダイエットにまた挑戦してるよ

自分の近況の一言文例

一年の間に新しく始めたことやハマっていること、新年の目標や予定していることなどを書きましょう。

  • 健康が気になる年齢になったよね
    腰痛対策としてウォーキングを始めました
  • 地域のボランティアサークルに入りました
    新しいことに挑戦するのは楽しいです
  • 最近食べ歩きにはまっています
    胃もたれには注意が必要かも
  • 今年は5キロやせるのが目標!
    でもお酒はやめられない
  • 春に引っ越します
    心機一転家族で頑張ります

相手を気遣う一言文例

相手を気遣ったメッセージは、る程度お互い知っているからこそ書けるものですね。

スポンサードリンク
  • ○○とご家族の皆さまにとって実り多き年になりますように
  • 子育ては落ち着きましたか?
    ○○の家事の秘訣を教えてほしい
  • 主婦業が忙しいけど頑張ろうね
    お互いの幸せを祈っています
  • また会えるときまでお互い元気でいようね

会ったことない親戚への年賀状の一言

旦那さん側の会ったことがない親戚に書くなら、嫁であるあなたでなく旦那さんに書いてもらうのが一番です。もらう側だってその方がいいですよね。

でもどうしてもあなたが書かなければいけないなら、シンプルな一言を添えてみてはいかがでしょうか。もらう相手もわかっているので大丈夫ですよ。

家族の近況を知らせる一言文例

  • 春には子供が中学生になります
    時間の流れがとても早く感じます
  • 我が家は皆元気に過ごしています
    元気過ぎて困るときもあるくらいです
  • おかげさまで夫婦共々健康に過ごしています

相手を気遣う一言文例

  • お元気でいらっしゃいますか
  • くれぐれもご自愛ください
  • 皆さま良いお年をお迎えください

年賀状の文例 疎遠になった上司への一言

疎遠になった上司と、そのままの関係が続くようであれば社交辞令と相手がわかるような定型文の一言でも問題ありません。

ですがせっかくなので身近に感じられるようなメッセージを添えてはどうでしょうか。上記の章で紹介した家族の近況を知らせるひと言と組み合わせて使ってみてください。

特にこの先にお世話になるようなことが再びあるなら自分の近況などを書くのも良いでしょう。

  • すっかりご無沙汰していますがお変わりありませんか
    私は相変わらずの毎日です
  • いかがお過ごしでしょうか
    平素の疎遠をお詫び申し上げます
  • お変わりなくお過ごしでしょうか
  • ますますのご活躍とご健勝をお祈り申し上げます
  • 幸多き一年になるよう祈っています

最後に

一言コメントを組み合わせて使っても良いですね。

年賀状は句読点を使わないのがマナーということで、紹介した一言に句読点は使っていません。無意識に「。」を書いてしまうこともありますけどね(笑)

わたしは印刷の文章に「今年もよろしくお願いします」は入れないようにしています。

手書きの一言をなんと書けばよいか、どうしてもわからないときに「今年もよろしくお願いします」と書いています。

最終手段ですが、かなり便利ですよ。

スポンサードリンク