免許更新の視力検査が不合格になった場合

5年に一度の自動車免許の更新ですが心配なのは視力。

年齢と共に衰えを感じます。

通常の生活では不便はないんですが、疲れ目・カスミ目なんて言葉が実感できるようになってしまいました。

前回までは裸眼でOKだったけど今回は微妙かも、と不安に思いつつ免許更新に行ってきたので、今回は免許更新の視力についてまとめました。

スポンサードリンク

免許更新で視力検査が不合格の場合はどうなるの?

もし視力検査に引っかかってしまった場合は一体どうなるのかが気になりますよね。

視力が足りない場合は

  • 時間を置いてもう一度検査する
  • 後日もう一度検査する

このどちらかという形になります。

もしこの時点で視力が足りない場合は「時間を置きましょう。外に出て遠くを見たりして目を休ませてください。」と言われることが多いようです。

これは目の視力が疲労によってかなり左右するからです。一分間目をつぶったら集中力が戻るということもありますし、実際に時間を置けば適性検査を通ってしまう人も多いようです。

ただ当日にやり直しするにしても、全然見えるような気がしない場合もありますよね。視力が悪いなら眼鏡かコンタクトが必要になります。後日に再手続ということもあるでしょう。でももし朝早くから更新手続きに行っていたなら、メガネを作って午後の手続きには間に合うでしょう。

まあでも何度も免許センターに足を運ぶのも時間の無駄ですので、心配な場合はあらかじめ眼鏡やコンタクトを用意しておいたほうが良いかと思います。日常的に視力の衰えを感じていて適性検査が不安であればなおさらですね。今は度入りのメガネだって3,000円くらいで、しかも数時間もあれば作れる時代ですしね。

ちなみにカラコンをつけての検査や撮影はできません。検査の機械を通すとコンタクトかどうかがわかるらしいです。裸眼と言い張ってもすぐに嘘がばれます。眼鏡か透明のコンタクトが必要ってことですね。昔とは変わりましたね~。

免許更新の視力検査が不安だったので

わたしの視力検査の場合は片目だけが微妙だったらしく、他の人に比べて検査が少し長めでした。

「薄目にしても見えませんかー?」

と言われ、何度か試して、がんばって薄目にして、なんとかクリアできました(笑)どうやらできるだけ受からせようとするみたいですね^^;

私も免許更新の視力検査が不安だったのでメガネを持っていってました。でも検査に(一応)引っかからなかったので出番はなかったですけどね。もし「検査に通りません。」と言われたらメガネを出そうかな、って思ってました。

もちろん初めからメガネをかけておけばあっという間に終わったと思います。でも免許に「眼鏡等」の条件を付けるのは、できるなら避けたかったんですよね~(笑)ちなみに前回もメガネを持参してましたが問題なく通ってました。

スポンサードリンク

でも実際に運転する時、特に夜はメガネを使います。だってコワイですもん。

視力に不安がある場合は近くのメガネ売り場などで計ってみて、実際に眼鏡やコンタクトを作るかを決めると良いかと思います。

免許更新の視力はどのくらいあればいい?

ではどのくらいの視力があれば検査に引っかからないかというと、免許の種類にもよります。

視力矯正をしない場合は一段階下の免許の更新が可能です。もちろん更新する免許の視力数値は必要です。例えば普通免許で視力が0.6の場合は原付免許の更新はできるということですね。

原付免許・小型特殊免許

両眼で見て0.5以上が必要。
片方が見えない場合はもう一方の視力が0.5以上で視野が左右150度以上。

普通免許・普通二輪免許・大型二輪免許・大型特殊免許

両眼で見て0.7以上、かつ、片目がそれぞれ0.3以上が必要。
片方の視力が0.3に満たない場合はもう一方の視力が0.7以上で視野が左右150度以上。

第一種大型免許・けん引免許・第二種免許

両眼で0.8以上で、かつ、片目がそれぞれ0.5以上が必要。
深視力として、三桿方(さんかんほう)の奥行知覚検査器により3回検査した平均誤差が2センチ以下。

免許更新で視力が不合格なら手数料はどうなる?

もし免許更新の視力検査が不合格になってしまった場合に、やり直しにはまた手数料がかかるのか気になったので調べてみました。

お金は戻ってきませんが、買った証紙は返してくれます。次回にこの証紙を提出すればOKなんです。つまりそのまままた使えるということですね。一度の支払いだけですむようです。

免許更新の手続きは完了してないですし、払ったお金の中には講習手数料も入っていることを考えると、なるほどと思えますね。

もし不合格になってしまったら気を付けるのは手数料のことよりも免許の有効期限です。

免許更新の有効期限切れに注意!

免許の有効期限が切れると更新ができなくなります。免許の有効期限は誕生日の1か月後までです。

適性検査が不合格になったので改めて別の日に行こうと思ったら有効期限が過ぎていた、なんてことがないように注意しましょう。

ただし免許の有効期限が切れてしまっても6ヶ月以内であれば再取得は可能です。ですが更新よりも必要な書類は多くなりますし、手数料も高くなってしまいます。

それに免許を再取得するまでは無免許になりますので運転することはできません。

有効期限内で免許更新が終わるようにするのがお金も時間もかかりませんよ。

免許更新で視力検査のまとめ

視力検査で不合格になっても免許がなくなることはありません。特に怒られたりもしません。ただし再検査が必要なので自分が面倒くさいことになります。

前もって眼鏡やコンタクトを準備しておくのが最もスムーズな方法だと思います。

もし不合格になってもあわてないでくださいね。

スポンサードリンク