余った年賀はがきの使い道

間違ったり失敗した年賀ハガキは郵便局で手数料を払えば新しいものと交換してくれます。

ですが余ってしまったり、使わなかった年賀状は一体どうすれば良いのでしょうか。

わからないままでなんとなく未使用の年賀ハガキを自宅で眠らせはいませんか?まさか処分するなんてもったいないですよ!

スポンサードリンク

余った年賀はがきの使い道

年賀状はお正月が終わっても通常のハガキと同じように使うことができます。ですが、まずは年賀ハガキについているお年玉が当選するかどうか待ってみましょう。当たったらラッキーですし♪

当選した場合、まっさらな何も書いていない年賀状でも賞品と交換してくれるか不安に思う方もいるようですが、全く問題ありません。当選したハガキは回収されることなく手元に戻ってくるんです。

未使用年賀状が当選したら

当選ハガキは賞品と交換するとこんな感じでスタンプが押されます。ですが未使用のハガキであることには変わりないので、このままで通常どおり使うことができますよ。

余った年賀はがきは懸賞や応募に

未使用の年賀状は通常の官製はがきと同じように使うことができます。でもいくら使えるとはいえ、いかにも余った感がでますよね。さすがに手紙などに使うのは失礼ですし恥ずかしいです。

というわけで使わなかった年賀状の最も多い使われ方は懸賞ではないでしょうか。懸賞を応募して何か当たったらラッキーですよね。

ただし、できるだけ損をしたくないというのであれば郵便局での交換をおすすめします。

使わなかった年賀状は交換を

使わなかった年賀状を郵便局では払い戻しはしてもらえませんが、切手やはがきに交換してもらえます。手数料は年賀ハガキ一枚につき5円です。

まっさらな年賀ハガキも間違ってしまった年賀はがきも未使用(未投函)であればOKです。

おすすめはハガキよりも切手にしておくことですね。

なぜなら切手は郵送の料金として支払うこともできますし、ゆうパックやレターパックにも使うことができます。旅行先で荷物を家に送るときなど、ゆうパックを切手で支払えるのは意外と便利ですよ。

年賀ハガキの郵便局での交換方法

未使用の年賀ハガキを郵便局で「交換をお願いします」と言うだけです。

この際、手数料を相殺して差し引いてくれる親切なスタッフもいますが全ての窓口がそうではありません。手数料を支払うように求められることがあります。ですがこの手数料(一枚に付き5円)は切手で支払うことができます。

スポンサードリンク

まず年賀ハガキ数枚だけを切手に交換して、残りの枚数の交換手数料は切手で支払うと、必要な現金が少なくてすみますよ。

去年の年賀状は交換できる?

去年までの余った年賀はがきは意外と自宅で眠っていませんか?私もどうしたら良いかわからなかったので、なんとなく保管してました。実はこれらも通常のはがきや切手などに交換することができます。この場合も1枚5円の手数料がかかります。逆に通常のはがきや切手を年賀はがきへ交換することはできません。

それならこのまま交換せずに来年までとっておいて、年賀ハガキに交換すればいいのでは?と思うかもしれません。来年また確実に使うでしょうしね。

ですがそれはできません。年賀ハガキから年賀ハガキへの交換は同じ年のものだけに限ります。お年玉くじという付加価値もついてますからね。お正月が過ぎたら切手もしくは官製はがきへ交換しましょう。

未使用の年賀状を換金する方法

どうしても換金したい、現金化したいという場合は一度郵便局で切手に交換したものを金券ショップに持っていくと良いでしょう。オークションやフリマに出品しても良いかもしれませんが確実ではないですからね。

ただし切手の買取価格は地域やショップによってレートが違います。さらにそれぞれのショップの在庫状況でも変わるんです。高く買取してもらえる切手がいくらの額面なのかも変化があります。

切手に交換する前に金券ショップで高く買ってもらえるのはいくらの切手なのかを確認しておきましょう。

切手はバラよりも100枚シートが良いので、未使用年賀ハガキの枚数をある程度持っている方におすすめです。価格の相場はバラの切手が70%~80%くらい、100枚シートの切手が80%~90%くらいを目安にすると良いでしょう。

これを機会に去年までの未使用の年賀状や、家にある切手シートなどをまとめて整理してみてはいかがでしょうか。

金券ショップに中々行けない場合は宅配や出張の買取が便利ですよ。

余った年賀ハガキの使い道のまとめ

今回は使わなかった年賀ハガキの使い道についてまとめました。

  • 通常のはがきとして懸賞の応募などに使う
  • 切手や官製はがきに交換する
  • 切手を金券ショップで換金する

など自分に合った方法を選んでくださいね。

また未使用のはがきは寄付することもできますよ。海外の支援活動や盲導犬の育成などの団体があります。まっさらでなく、書き損じたハガキでもOKです。いわゆる郵便局で交換可能なハガキですね。

スポンサードリンク