白髪を予防する方法

年齢と共に悩まされることのひとつが白髪。

白髪があるだけで老けて見えますよね。

どうにか増やさないように白髪を予防したいものです。

むしろ黒髪に戻すことは可能なんでしょうか。

今回は白髪を予防する方法について紹介します。

スポンサードリンク

白髪を予防する方法

もともとの髪の毛というのは白いものなんですが、メラニン色素によって黒くなるんです。

髪の毛のメラニン色素を作る機能が働かなくなることで白髪になってしまいます。

白髪になる原因は老化が主といわれてていますが、実は充分な研究データがあるわけではありません。バランスの悪い食生活や睡眠不足、ストレスなどが原因のこともあり、様々に絡み合っていることも考えられます。

人の体というのはまず生命維持にエネルギーや栄養が使われます。髪の毛や爪などは優先順位が低いんですね。

遺伝が原因という意見もありますが、これも白髪との因果関係は解明されていないそうです。ただし遺伝と思っている場合、食生活などの生活習慣が親と同じであることが原因のことも。同じ家に住んでいると食べるものや生活リズムが親と似てしまうからです。白髪に限らずニキビや爪の形など、栄養の摂り方が同じだと同じ症状が出やすいのです。

老化が原因の場合は白髪を防止するのは難しいですが、栄養や睡眠、ストレスなどは努力することができますよね。

特に急に白髪が増えてきたという場合は最近の生活を見直すことをおすすめします。

睡眠の時間が確保できないのであれば質を高めるようにし、ストレスが少しでも解消できるようにリラックスタイムを少しでも作るようにしましょう。

白髪を予防する食べ物

まずはバランスの良い食事を摂ることが大切です。

たんぱく質や各種ビタミンは髪の毛を健康的に作りだすために必要だからです。

バランスの良い食生活にプラスして白髪予防の栄養も摂っていきましょう。

白髪になるのはメラニンが作られなくなるからです。

メラノサイトがメラニンを作り出すにはチロシナーゼという酵素が必要です。そしてこのチロシナーゼの働きのために銅やヨードやチロシンが欠かせません。

ヨードを含む食べ物

海のミネラルとも呼ばれその名のとおり海藻類に多く含まれています。メラノサイトの働きを活性化してくれます。

  • 昆布
  • ひじき
  • わかめ
  • あおのり

など

ただし日本人はヨードが不足することはあまりありません。昆布だしもヨードが含まれているので味噌汁や鍋などからも摂取できます。

注意点としては甲状腺疾患を持っている人はヨードがダントツに含まれる昆布や、その次のひじきは控えた方が安心です。ヨードは甲状腺に集中するからです。

そして糖質制限が必要な人は昆布は避けておきましょう。糖質含有量が高いからです。ヨードを摂るのであれば他の食材が良いでしょう。

チロシンを多く含む食品

メラニン色素の原料のひとつです。チーズから発見された必須アミノ酸の一種で乳製品に多く含まれています。

スポンサードリンク
  • チーズ
  • 大豆
  • たらこ
  • ちりめんじゃこ

など

銅を多く含む食品

チロシナーゼを合成するために必要なミネラルです。体内で作ることができないので食事で積極的に摂取していきましょう。

  • レバー
  • 牡蠣
  • 干しエビ
  • 純正ココア

など

白髪が黒髪に戻った?

白髪にならないように防止対策をしつづければ黒髪に戻るのでしょうか。

これは黒髪に戻るのもあれば、もう戻らないのもあります。

白髪が目立つのが嫌だったのでハサミで切っていたところ、毛先側は白く根元側が黒い毛を発見しました。かなり嬉しかったですね。

ですが白髪の全てではなく、数本といったところでしたね。白髪の原因というのは同じ人間だとしても毛穴によって違うのかもしれません。

美容師の友達に聞くと、根元が黒く毛先が白い髪の毛は珍しくないそうです。つまり白髪になってしまった髪の毛も黒髪に戻ることがあるってことですよね。

白髪というのはまだまだ研究不足のテーマですが、実際に栄養に気を付けたら白髪が減ったるという人もいますし、上の章で紹介した白髪の予防対策を試す価値はあるかと思います。

白髪を抜くと増えるのは嘘?

もうひとつ、白髪を抜くと増えるという話。

白髪を抜くと増えるとか増えないとか、嘘なのか本当なのかよくわからなかったので、これも美容師に聞いてみました。

白髪を抜くと増えるというわけではないそうです。なぜなら白髪を抜いたとして他の毛穴のメラニン色素に影響することはないからです。

ただし髪の毛を抜くということが頭皮には良くない、と力説されました。白髪に限らず髪の毛を抜いてはいけないと。

健康であればひとつの毛穴から髪の毛が2~3本生えています。でも白髪の1本を抜いてしまうことで他の髪の毛への負担が大きく、抜けてしまうことがあります。これが薄毛の原因になることも。さらに頭皮が炎症を起こすことがあります。

どうしても取り除きたいという場合は白髪を抜くのではなく、根元からハサミで切ると良いです。

ただし抜いたとしても切ったとしてもしばらくするとまた伸びてきますのでずっと処理しつづけることになります。

特に頭頂部付近の白髪だとツンツン立つので目立つんです^^;短くてつかみにくいので自分で抜くのも切るのも難しいです。わたしは旦那に切ってもらおうとしたんですが「きりがないよ!!」と言われてしまい(笑)それ以降頼んだことはありません。

なので目立たないように対処するならやはり白髪染めが良いかと思います。

人によって髪の毛が伸びるスピードは違いますが、白髪を染める頻度は2か月に1度くらいが目安です。どんなに多くても1ヶ月に1度程度にしたいところです。髪の毛はもちろんですが頭皮へのダメージもありますからね。

白髪を予防する方法のまとめ

メラニンは白髪の予防には大切ですが、逆にシミやそばかすを発生させやすくする可能性もあります。

ですがターンオーバーを整えることで肌への沈着を防ぐことができます。血行を改善していきましょう。

黒髪も美肌もというのは難しいですが、どちらも手に入れたいものですよね。

スポンサードリンク