お通夜と告別式どちらに行く?

身内以外のお葬式に行くときってどうすればいいのかわからなくなりませんか。

身内であればマナー違反があってもある程度許容してくれるけど、今回そうは言ってられません。

まずお通夜と告別式のどちらに行けば良いのか、喪服じゃなくてもいいのか、など葬儀のマナーについてざっと確認しておきましょう。

スポンサードリンク

お通夜と告別式どちらに行く?

お通夜と告別式のどっちに行けばいいのかと迷いますよね。

本来はお通夜には近親者が、告別式には一般の人が弔問をするというものなんですが、現在は曖昧になっています。

親しい間柄であればお通夜と告別式の両方に参列しても良いですし、仕事関係であれば会社の指示に従うのが良いでしょう。

両方に参列しても良いし、どちらかのみ行っても大丈夫ということです。どちらかに行けば義理を果たしていると考えるようになっています。

地域にもよりますが現在はお通夜に参列する一般の人が多いですね。これは昼に行われる告別式に行くのはスケジュール的に厳しく、比較的時間に融通が利くお通夜であれば仕事帰りに訪れることができるためです。

告別式は分刻みでのスケジュールで進んでいきますので遅刻も失礼ですし、早めに帰ることもできません。

お通夜は仏教であれば焼香、キリスト教であれば献花、神道であれば玉串奉奠など、ひとりずつ順番に儀式をします。これが終わるまでに間に合えば特に迷惑もかかりません。

もちろん行ける方に行く、という決め方でOKです。ただお通夜も告別式も開始時間に間に合うか微妙な場合はお通夜に参列する方がベターですね。

喪服がないときはスーツやワンピースでOK?

お通夜なら喪服以外も

お通夜であってもあらかじめ日にちなどがわかっているので喪服での参列者が多いです。

ただし現在はお通夜は仕事帰りにそのまま向かうという人も多いので、喪服でなくとも黒のスーツやワンピースなどでも大丈夫です。ただしストライプなどの模様が目立つものや、金のボタンがついているものはふさわしくありません。

告別式で喪服がない場合

告別式は基本的に準備をして伺うものなので男性も女性も喪服を着るのが一般的です。

喪服がない場合はなんとか用意をしましょう。

喪服を友人や親類に借りる

サイズが近そうな人にお願いして借りましょう。

喪服をすぐに買いに行く

デパートなどに買いに行ってすぐに必要だということを伝えましょう。

通販なら即日発送なのにお手頃のものもあります。

→16時までの注文で即日発送のマーガレット・ゴールド

スポンサードリンク

喪服をレンタルする

頻繁に使う物ではないのでレンタルもおすすめです。

→靴やバッグもフルセットレンタルができる礼服レンタルのやました

葬儀の靴

お葬式の靴は黒のパンプスが原則です。茶色もマナー違反です。職場から直接行く場合もできるだけ避けましょう。

光沢がない素材、デザインはシンプルで装飾のないものを選びましょう。

エナメルやサテン、ベロア、ラメ、スエードなどはふさわしくありません。ミュールやオープントゥなども避けてくださいね。

ストッキングは黒を履きましょう。

葬儀のアクセサリー

もともと和装ではアクセサリーは使わないものとされています。日本の葬式ではアクセサリーはなくてもマナー違反にはなりません。

つけるのであれば真珠の一連ネックレスですが、最近は黒真珠やオニキス、ジェットなどの黒いアクセサリーを付ける人も多くなっています。

キラキラ光るダイヤモンドのような宝石やゴールド系のアクセサリーは葬儀にふさわしくありません。

お葬式の髪型マナー

お葬式の髪型マナーは基本的にひとつにまとめることです。

低い位置であればお団子も良いでしょう。

髪をまとめるために使うゴム、バレッタなどのヘアアクセサリーは黒に近い色にしましょう。

お葬式では何度もお辞儀をしますし、お焼香をすることもあります。下を向いたときに髪が落ちてこないようにする必要があります。サイドの髪をまとめたがらない女性も少なくないですが、ダラリと落ちないように気を付けましょう。

お通夜と告別式どちらに行く?のまとめ

お通夜と告別式どちらに参列するかは行ける方に行きましょう。

どちらに行くかで喪服をどうするかも決めるといいですよ。

髪型もマナー違反にならないように気を付けましょう。

スポンサードリンク