義理チョコのホワイトデーの相場

旦那が会社関係でもらったホワイトデーのお返しをどうするか、毎年悩みませんか?妻が代わりに準備することが多いようで、家もそうです。

義理チョコのお返しって高くつくし面倒くさいし、正直嫌だというのが本音ですけど、何もしないわけにもいかないですよね。

職場へのホワイトデーの相場やおすすめ、どこで買うかなどの参考にしてくださいね。

スポンサーリンク

ホワイトデーの義理チョコへの相場

義理チョコに対してのホワイトデーの相場は一般的に、もらったチョコの金額の2倍くらいです。これは会社内で女性よりも男性の方が給料が多いのが通常だからです。

ひと昔前は3倍返しとも言われましたが、今はそこまでする必要はありません。

とはいえ、もらった義理チョコよりも安い金額にならないようにしたほうがいいでしょう。もし安いお返しをしてしまうと、なにも返さないよりも評判を下げてしまうかもしれません。

500円位のチョコをもらったなら1,000円程度のものを返すようにするといいでしょう。

もらった金額がよくわからない場合はネットで調べてみたり、なんとなく予想すればOKです。

そして選ぶポイントは少量で高いものを選ぶことです。女性は安くて量が多いものよりも、高級なものをちょこっとの方が嬉しいものですよ。

ホワイトデーでお返しに差をつける?

バレンタインでもらった価格差が大きい時に、ホワイトデーでのお返しに差をつけるかつけないかは意見が分かれるところです。

ですが同じものを一律でお返しするのは事務的すぎる印象だと思います。ビジネスライクにしたいなら良いかもしれませんが、値段別にお返しする方が公平ですよね。

200~300円位のチョコをくれた人と、1,000円位のチョコをくれた人に対してお返しが同じというのは、何とも言えない味気なさを感じます。

もし同じものを用意する場合は、価格が高めの人にはプラスαして別のものも一緒につけてあげると良いでしょう。

スポンサーリンク

ホワイトデーの旦那の会社用のおすすめ

義理のお返しなので、おすすめはやはりお菓子などの消えものです。

ブランドのハンカチやハンドクリームなどもいいですが、デザインや香りは意外と好みがあったりするものです。

最近はキャンディはあまり人気がないようで、クッキーやケーキ、チョコレートなどのちょっと良いものを選びましょう。マカロンやマシュマロなども可愛いですよね。

プロでない限り手作りはやめておきましょう。顔もわからない素人が作ったものは食べたくないものです。節約のために、と思って挑戦する人もいますが、材料代は思ったよりもかかるものですし、労力を考えると割に合わないことの方が多いですね。

お菓子以外なら紅茶という選択肢もあります。茶葉でもティーバッグでもオシャレなパッケージを探してみましょう。相手にすぐに会えるかわからない場合、お菓子に比べて賞味期限が長い紅茶はおすすめです。

ホワイトデーのお返しは連名でも個別に?

部署としてまとめてもらった場合は、職場でのお茶のお供として大きな缶などに入った詰め合わせのお菓子を返すのもアリです。できれば缶を開けても個包装になっていると取りやすいですね。もちろん数が足りないなんてことはないように注意しましょう。

個別でもらった場合は個々にお返ししましょう。例えば2~3人から連名でもらったら、お返しもまとめてでもいいと思うかもしれませんが、持って帰りやすいですし個別の方が嬉しいでしょうね。

ホワイトデーのお返しはどこで買う?

ショッピングモールなどの催事場で選ぶのも良いですが、ブランドや有名店であればデパ地下や駅ビルなどが探しやすいかもしれません。高級感があったほうが喜びますからね。

普段は食べないようなものを選ぶならデパートを探してみてくださいね。買いに行くヒマがなかったとしてもコンビニはちょっとがっかりするかも。

お返しの数を多く買う場合はネット通販が便利ですね。早めに注文すれば早割してるところも結構ありますよ。

私は買いに行くのが面倒くさいので(笑)、ネットでポチってます。

個人的にはこの↓ショーコラ&パリトロが気にいってます。

2個入り、4個入り、8個入りなどがあるので金額によって選びやすいです。

初めて買う場合でもレビューを読めばイメージをつかみやすいですしね。

ホワイトデー 義理チョコのお返しについてのまとめ

義理チョコに対するホワイトデーのお返しの相場はもらった金額の2倍くらいです。

おすすめはお菓子などの消えもの。

女性は高級なものを少しというのが喜ぶので、コンビニやスーパーよりもデパートで選んだ方がいいでしょう。

買いに行く時間が取れなかったり、返す数が多い場合はネット通販が便利ですよ。早割なんかもありますしね。

スポンサーリンク