熱中症になったら食事や飲み物はどうする

熱中症になってしまった場合、食べ物や飲み物にどのように気を付けるべきなのかというのは意外と知られていません。

予防のために熱中症対策として紹介されている情報は、熱中症になったときの対処とは違うものなので注意してくださいね。

今回は熱中症の予防対策ではなく、実際になってしまった場合に食事や飲み物をどうすればいいのかを紹介します。

関連記事【熱中症になったら】
>>>熱中症の頭痛に市販薬を飲んでもいい?早く治す方法は?自宅療養なら
>>>熱中症は癖になるのか?なりやすい人とは?再発防止対策はコレ!
>>>熱中症になったらお風呂に入る?シャワーを浴びる?水風呂は逆効果?
>>>熱中症 回復までの期間はどのくらい?会社を休む?早く治す方法は?

スポンサーリンク

熱中症になったら食事はどうする?

まず食欲がないのであれば無理に食事をする必要はありません。風邪などで体調が悪くなってしまった時も同じですよね。

ある程度まで回復して「何か食べたい」と思うまで待ちましょう。特に吐き気や嘔吐、下痢の症状がある場合は食事はやめておいた方が賢明です。

食事が摂れない場合は水分の補給をコマメに行うようにします。私たちは一日に必要な水分の半分を毎日の食事から摂っているからです。ただでさえ水分が不足気味になっているので気を付けましょう。

食欲が出てきたらまずは食べれそうなものから少しずつ。アイスやヨーグルト、プリン、水分の多いフルーツなどが食べやすいと思います。リンゴのすりおろしや桃の缶詰なども食べやすいのでおすすめです。

「少し食べたい」というくらいの体調の場合、熱中症の回復のために以下の栄養素を少量でも摂りたいですね。

  • 水分バランスに必要なカリウム
  • 疲労回復に期待できるビタミンB1やクエン酸

これらの栄養素は回復はもちろん予防のためにも有効です。

カリウムの多い食べ物
  • こんぶやわかめなどの海藻
  • やまといも、里芋、じゃがいもなどの芋類
  • 大豆やそら豆などの豆類
ビタミンB1の多い食べ物
  • 豚肉全般
  • うなぎ
  • 海苔・青海苔
  • 大豆
クエン酸の多い食べ物
  • レモンやグレープフルーツなど酸味のあるフルーツ
  • お酢
  • 梅干し

熱中症の食事メニュー

食事を無理に食べるのは体に良くないので、食べやすいように工夫しましょう。

  • 豆腐や玉子豆腐などツルンと食べれるもの
  • 里芋やじゃがいものポタージュスープ
  • バニラアイスやヨーグルトにきな粉をかける

他には例えば味噌汁だけでもいいですし、豆乳を飲むのもいいです。

もう少し食べれそうであれば、おかゆやうどんなど消化の良い食べ物にします。

ですが体温が安定し体に力が入るようになるまでは無理に食べないように気を付けましょう。

元気になったら通常の食事に戻して問題ありません。ただし急激に食べると内臓に負担がかかるので、はじめは半分の量くらいにしましょう。

熱中症になったら飲み物はどうする?

熱中症の大きな原因は脱水症状です。体内の水分を補給する必要があります。

ですがお水やお茶を飲み過ぎると体内のバランスが崩れ嘔吐や下痢につながることがあります。

飲み物はOS-1(オーエスワン)など市販の経口補水液が一番良いです。塩分と糖分のバランスが良く、体内への吸収率が良いからです。

ドラッグストアや病院の売店などに売っていますが、猛暑の日は売り切れてることもあります。その場合はスポーツドリンクで代用しましょう。ただスポーツドリンクは運動時の脱水症状の予防になるものなので、できれば経口補水液の方がいいです。

スポーツドリンクには塩分が含まれてないものもあります。成分を確認して100ml中ナトリウムが40~80mgのものを選びましょう。

熱中症でのドリンクの飲み方

熱中症になったら、どの飲み物であってもゴクゴクと一度に大量に飲むのはだめです。大量の水分が入ると一気に体内の塩分濃度が薄まってしまうからです。つまり体内は水分を必要としなくなるので吸収しづらくなるんです。飲んでも吐いてしまうという悪循環になる危険もあります。

一口ずつゆっくり飲むようにしましょう。子供や高齢者などでコントロールが難しいのであればスプーンで飲むようにするといいですよ。

どちらも用意できないのであれば、家庭で経口補水液を作りましょう。ただしこれは緊急的なものですので、体のためには市販の経口補水液の方がいいです。特に嘔吐・下痢があるときは市販のもので水分摂取してください。

経口補水液の作り方

材料

  • 水:1リットル
  • 上白糖:20~40g
  • 塩:3g

分量を正確に計って混ぜるだけです。

水道水を使う場合は沸騰させて冷ますこと。清潔な水を用意してください。

これにレモンなどの柑橘類を少し搾ると飲みやすくなります。ですが入れすぎないようにしましょう。レモンであれば最大でも1/2個程度にとどめてくださいね。

保存はできません。その日のうちに飲みきってください。

スポンサーリンク

熱中症で飲んではいけないのは

熱中症で飲んではいけないのは利尿作用のある飲み物です。水分を排出してしまうので、逆効果になりかねません。

コーヒーや紅茶、コーラなどのカフェインが多く含まれるものや、ビールなどのアルコールは利尿作用があるので注意しましょう。

熱中症になったら栄養ドリンクを飲んでいい?

熱中症に効く薬というのはないし、でも食欲がなくても「栄養ドリンクを飲んだら回復が早いのでは?」と思うかもしれません。

一般的な栄養ドリンクには大量のカフェインが含まれています。しかもアルコールが含まれていることも多いです。カフェインやアルコールには利尿作用があるので水分の補給としては向きません。

ですのでノンカフェイン・ノンアルコールの栄養ドリンクであれば問題なく飲めるということになります。栄養ドリンクを飲んだからといってすぐに治るわけではありませんが、「食欲はないけど飲み物なら飲める」というときでも、栄養を少しでも摂ることで回復が早くなります。

ただし糖分が多く入っているので、体調が悪い時には避けて、飲み物と同じように一口ずつ飲むのがいいでしょう。吐き気や嘔吐下痢などの症状があるときはやめておきましょう。

そしてもちろん別に水分補給することが大切です。

栄養ドリンクでノンカフェイン・ノンアルコールなのは?

ノンカフェインでノンアルコールの栄養ドリンクはあまり種類がありません。

ここではわたしが知っている2種類を紹介します。

タフマンV(ヤクルト)


ヤクルト タフマンV 110ml×10本【楽天24】【あす楽対応】[タフマン 栄養ドリンク]

高麗人参、ビタミンB群、ローヤルゼリーのトリプル成分を配合した栄養ドリンクです。ノンカフェイン、ノンアルコールです。

リポビタンフィール(大正製薬)


リポビタンフィール カシスグレープフルーツ風味【楽天24】【あす楽対応】[リポビタン 栄養ドリンク]
タウリン、グリシン、ビタミンB群などが配合の栄養ドリンクです。カフェインゼロで1本あたり7kcalの低カロリー処方です。

熱中症になった場合の食べ物と飲み物のまとめ

熱中症になってしまったら食べ物は無理には食べないことです。「何か食べたいな」と思ったらプリンやヨーグルトなど口当たりの良いものを少しずつたべましょう。元気になったら通常の食事に戻しますが、胃腸への負担がかかるので始めは半分ほどの量にしましょう。

飲み物は経口補水液を少しずつ飲むようにします。

栄養ドリンクを飲むのであればノンカフェイン・ノンアルコールのものを選びましょう。

もちろん症状が重い時は病院に行き、医師の指導に従うことが大切ですよ。

スポンサーリンク

関連記事【熱中症になったら】
>>>熱中症の頭痛に市販薬を飲んでもいい?早く治す方法は?自宅療養なら
>>>熱中症は癖になるのか?なりやすい人とは?再発防止対策はコレ!
>>>熱中症になったらお風呂に入る?シャワーを浴びる?水風呂は逆効果?
>>>熱中症 回復までの期間はどのくらい?会社を休む?早く治す方法は?