熱中症になったらお風呂に入る?シャワーを浴びる?水風呂は逆効果?

2018年7月21日ヘルスケア熱中症

熱中症になってしまって、症状があるときはお風呂はもちろんタブーです。

ただ症状が落ち着いたとき、お風呂に入っていいのかどうか迷いますよね。できればサッパリしてからゆっくり眠りたいものです。

入浴してもいいのか、シャワーにするべきかなど、熱中症になって症状が落ち着いたあとのお風呂の入り方はどうすればいいのか紹介します。

関連記事「熱中症になったら」

熱中症になったらお風呂に入る?

まだ熱中症の症状が少しでもある場合はお風呂に入るのはやめておきましょう。

めまい・失神・立ちくらみ・筋肉痛・筋肉の硬直・大量の発汗・頭痛・不快感・吐き気・嘔吐・だるさ・発熱などです。

熱中症の原因は脱水によるものですし、体は疲労しています。入浴は水分も失われますし、体力も使います。お風呂に入るのが危険だというのは想像ができるでしょう。

できれば当日と翌日は避けてください。症状がおさまった場合はお風呂はダメではないんですが、それでも入らない方が賢明です。

蒸しタオルや汗拭きシートで体を拭き、もしあれば水のいらないシャンプーなどを使うと良いと思います。

熱中症が治ったら

そして体調が良くなってもお風呂には注意が必要です。治ったように感じても、脱水症状は回復するのに時間がかかるからです。

お風呂に入ると体が温まって血管が拡がり血圧が低下します。体が脱水状態だといつもよりも血圧が急激に低下してしまうので、めまいや失神などが突然起きる恐れがあります。

日中はなんともなくても入浴中に熱中症になってしまう人も少なくありません。冬でもお風呂で熱中症になる人もいるくらい危険です。

浴室は温度も湿度も高いですからね。特に完全に治っていない場合は熱中症が再発しやすいです。

湯船には入らずにぬるま湯のシャワーだけにしておいた方がいいでしょう。

多少回復したように見えても体は脱水症状の影響を大きく受けています。熱中症は軽度でも1週間は注意しながらお風呂に入るようにしましょう。

熱中症に水風呂は逆効果?

応急処置の場合はとにかく急激に体を冷やすことが大切ですし、重度の場合は病院で処置してもらうべきです。

ただし熱中症になったから治るまでは冷たい水風呂が良い、というのは必ずしも当てはまりません。涼しい場所から暑い場所へ行ったときに熱中症になる危険があるように、冷たい水につかった後も注意が必要になるからです。

そして冷たい水風呂などで急激に冷やすのは体の負担になります。熱中症は特に内蔵が弱っていますからね。

体温との差があまりあるのは良くないので、冷たすぎる水風呂よりも体温に近いぬるめの水がいいでしょう。

症状がなくなったとはいえ完全に回復するまでは、お風呂は熱いお湯も冷たい水風呂もどちらも良くないということですね。

スポンサーリンク

熱中症になったらシャワーを浴びるのは?

どうしても体を洗いたいという場合は湯船につかるのではなく、シャワーで済ませるのが良いのではないでしょうか。

もちろん熱いお湯も冷たいお湯も厳禁です。体温と同じくらいの温度の、気持ちがいいと感じるぬるま湯を足元から慣らすようにかけましょう。時間は短くサッと入ってくださいね。

ですがやっぱり体調が悪いという自覚がある場合は、できるだけ入らない方がいいです。

蒸しタオルで体を拭くだけじゃ嫌という場合は、例えば髪は洗わないで体だけ洗うなど、無理をしないでできる範囲にしておきましょう。

そして入る前とあがった後には必ず水分補給をするのも忘れないでくださいね。

さらに何かあったときのために家族に声を掛けてからにしましょう。

一人暮らしの場合は、熱中症になった当日と翌日はシャワーだけだとしても避けておいた方が無難です。

スポンサーリンク

熱中症のお風呂の入り方についてのまとめ

熱中症の症状があるとき、体調が悪いという自覚があるときはお風呂に入るのは控えましょう。

蒸しタオルや汗拭きシートで体を拭くといいです。

熱中症の症状がおさまったかな?と思っても、当日と翌日はやめておいた方が賢明です。

どうしてもという場合は体温と同じくらいのぬるい温度のシャワーにしましょう。

浴室は温度も湿度もあり、もともと熱中症になりやすい場所です。再発の恐れがあるので気を付けてください。

水分補給や、入るときに家族に一声をかけるなど、充分注意が必要です。

関連記事「熱中症になったら」