新築祝い のしの表書きの書き方は?建売購入やマンションの場合は?

2018年12月9日マナー新築祝い

友人が家を買ったので「新築祝いを贈りたいな」って思ったんです。ただ友人は建売を購入したんですよね。

建売の場合ののしの表書きは「新築祝い」でいいのか迷いませんか?

一般的な新築祝いの表書きと建売を購入した場合は違うのでしょうか?

さらにマンションの場合の表書きについても紹介します。

スポンサーリンク

新築祝いののしの表書き

新築祝いの表書きの書き方

新築祝いとは家を新築したときに渡すお祝いです。

現金はのし袋、品物にはのし紙を。どちらの場合でも熨斗のついた紅白蝶結びの水引で贈ります。(一部関西地域はあわじ結び)

贈るのが高額でなければプリントされたもので大丈夫です。

新築祝いの表書きの書き方ですが

  • 御新築御祝
  • 御祝

などです。

「祝御新築」「御新築祝」としてもいいのですが4文字は嫌がる人もいるので、上のふたつのどちらかが良いと思います。

これは一般的に一戸建てを新しく建てたときです。

では建売購入やマンション購入の場合は違うのでしょうか?

スポンサーリンク

建売購入での新築祝いの表書きは?

建売を購入した場合ののしの表書きですが、新しい建物なので「新築祝い」で大丈夫なんです。

でも新築というのはピンとこないかもしれません。

もししっくりこないというなら新居祝いとしてもいいですし、無難に御祝いとするのもいいでしょう。

建売のときの表書きは以下のようになります。

  • 御新築御祝
  • 御新居御祝
  • 御祝
スポンサーリンク

マンション購入の場合は新築祝いでいいの?

新築マンションを購入した場合ののしの表書きも迷いますよね。

マンションは建物を建てたわけではないので新築祝いは向きません。

  • 御新居御祝
  • 御祝

表書きはこのようにします。

実際に「御祝」として贈る人の方が多いみたいですね。

新築祝いの表書きのまとめ

一戸建ての場合は建売でも新築祝いとして渡してOKです。

ですが気になる場合は新居祝い、御祝いとするのがいいでしょう。

マンションの場合は新築には当てはまらないので、新居祝い・御祝いとして贈ります。

もしよくわからないと思ったら一戸建てでもマンションでも「御祝」としておけば失礼になりません。