花見の持ち寄りを買うなら

お花見を持ち寄りですることになって、食べ物を一品を持参しなければいけない場合、あなたはどうしますか。

忙しくて時間がなくて作れない場合などは購入して持っていくことになりますが「何買っていこう…」って結構悩むものです。

そこで今回はお花見の食べ物の持ち寄りを買うならどんなものがいいかを紹介します。

スポンサーリンク

花見の持ち寄りを買うなら

お花見での持ち寄りの食べ物を買うならどんなものが良いでしょうか。

ホームパーティなどとは少し違って、お花見で喜ばれるメニューは取りやすい食べ物、温かい食べ物です。

取り分けやすい料理

紙皿など使い捨ての食器に少しずついろんな食べ物を乗せていきます。

一個ずつ、一人分ずつになっているものが取りやすいですよね。

例えばサラダです。

ドレッシングのかかったサラダだと、お皿が自分のところに回ってきても、どのくらいの量を取ればいいかわかりにくいし、お皿全体を汚しやすいです。だからといってサラダ用にお皿が用意されることはあまりないですしね。

それよりは野菜スティックのディップの方が取りやすいし食べやすいですよね。他にはポテトサラダなどお皿が汚れすぎないものがいいです。

お寿司

お寿司は比較的取りやすいし人気ですが、お花見の場合は太巻き寿司の方がおすすめです。

外気にさらされるので普通のお寿司だとネタがカピカピになるのが早いからです。海苔に巻いてある太巻き寿司であれば比較的マシです。

ちらし寿司を選ぶなら一人ずつに小分けされているカップのちらし寿司にするといいですよ。取り分けるのが大変なものは避ける傾向にあるので、どーんと大きい器に入っているちらし寿司は美味しくてもあまりがちです。

あとはやっぱり定番のいなりずしですね。お稲荷さんは好きな人、多いですもんね。

焼き鳥

手作りの持ち寄りおかずが多ければ焼き鳥を買うのは定番だけどおすすめです。

だって他の人とかぶらないから。

手作りで焼き鳥を作ってくる人はほとんどいないでしょう。ですが冷めるとすごくかたくなるものもあるので、つくねやささみ、野菜巻きなどを多めにするといいでしょう。

ピンチョス

いわゆるピック、爪楊枝などにさしてある料理ですね。サラダやオードブル、メインだってピンチョスなら食べやすいです。

お箸を使わずに食べれるっていうのはポイントが高いですよー。

温かい料理

毎年花見をして感じることは温かい料理が欲しいということ。

夜はもちろんですが昼間も寒いですからね。日陰になったら真冬みたいな寒さだし、風が吹くとやばいくらい。

わたしは屋外で持ち寄りする時はガスコンロを持っていって鍋をしたり、口の大きい保温ポットに豚汁入れて持参してます。

でも持ち寄りを買っていくなら悩むところですよね。

コンビニのおでんは人気ですが、すぐに冷めます。でも遅れていって持っていった瞬間は人がウワーっと集まりますよ(笑)

おしゃれとか情緒とかを考えなくてもいいなら小さめのカップラーメンが最強なんですけどね。お湯は用意するか、してもらわないといけないですけど。

冷めても美味しい料理

お花見は屋外なので料理は冷めてしまいますよね。なので冷めても美味しい料理が嬉しいです。でも冷めても美味しい料理って結構難しいですよね。

そこでおすすめはデリ。デパ地下などにあるデリのお店に行くと色んな種類があります。

「地名+デリカテッセン」で検索すると沢山のデリのお店を見つけることができますよ。

スポンサーリンク

花見はおつまみの購入がおすすめ

ごはんものやパンものは手作り派が持ってくることが多いです。なので購入する人はおかずを持参するのがいいと思います。お酒を飲む人が多ければおつまみを購入していきましょう。主食は多いと困りますがおつまみは品数があってもそんなに困りません。

逆にメンバー全員が持ち寄りを買ってくる場合だと、ごはんものやパンものがないことがあったりしますけどね。

何を買うか迷ったらデパ地下が便利です。店員さんにお花見でおすすめの商品を聞くと提案してくれますよ。

お花見のスナック菓子に注意

おつまみの代わりにスナック菓子などが思いつくかもしれませんが、花見の季節は意外と風が強い日が多いので飛んでいったりします。

お酒のアテとしてつまみを持っていくなら、ギフトにも人気の「缶つま」がおすすめですよ。本格派といわれるだけあって何個も買うと結構いいお値段になってしまいますけどね。

>>>缶つまをチェックする

お花見の持ち寄りデザート

お酒を飲む人が少ない場合はデザートを持っていくのはどうでしょうか。

ケーキは取り分けたり食べるのが大変なので、プリンやシュークリーム、たいやき、大判焼き(今川焼き)など一人分ずつ小分けになってるのがいいですよ。

意外と人気なのはフルーツですね。そのままつまんで食べれる苺やぶどうは取りやすくておすすめですよ。

花見の食べ物はテイクアウトも

花見の食べ物はいわゆるテイクアウトを利用するのもいいと思います。ケンタッキーのパックや、サブウェイのパーティトレイは外さないですからね。

美味しい専門店のテイクアウトもおすすめ。コロッケやメンチカツはひとつずつ取りやすいので、例えばお肉屋さんのコロッケやメンチカツの専門店が近くにあるならそちらも候補に入れてはどうでしょうか。

ただし冷めても美味しいかどうかはお店次第なので、今までに食べたことがあるものを選ぶのがいいでしょうね。

花見にデリバリーのおすすめ

お花見をしている場所まで届けてくれるデリバリーサービスであれば、わざわざ買いに行く必要はないので、忙しくて時間がないというときにおすすめです。

ただしデリバリーサービスはお寿司やピザ以外にもいろんなお店がありますが、お花見の場所の場合は届けないということもあります。でも宅配がメリットなのでその場まで来てくれるお店を探しましょう。ピザは比較的配達してくれるところが多いです。

デリバリーのお店は、お花見シーズンの土日や、平日の夜は混むのであらかじめ注文しておいた方がいいと思います。

特にオードブルなどは事前の予約が必要だったりするので確認してくださいね。

>>>楽天デリバリー

花見の持ち寄りを買う場合のまとめ

正直、購入して温かいものを持っていくのはハードルが高いので、取りやすくて冷めても美味しい料理を持参するのがといいと思います。

近くにデパートやデリがあれば当日に探してもいいですし、時間がなければデリバリーを考えてみても。

スポンサーリンク

前もって用意するなら腐らないので缶つまがおすすめですよ。