ノーマルタイヤは雪道では違反?罰金は?事故の保険はどうなる?

暮らしタイヤ, , 雪道

突然の雪で困る運転。

滑ったりして危ないですし、立ち往生することも。

でも準備ができてなくてノーマルタイヤのままで走ってしまうことありませんか?

実はノーマルタイヤで雪道を走るのは違反になります。

違反をしてしまったときの罰金や罰則について、さらにもし事故になったら保険は適用されるのかなども一緒に確認していきましょう。

スポンサーリンク

ノーマルタイヤは雪道では違反?

雪道や凍結になるおそれがある道路をノーマルタイヤで走るのは違反なんです。確かに危ないですもんね。

これは道路交通法71条6号に基づき、各都道府県の公安委員会が制定した同法施行細則で定められています。

つまり都道府県によって規則が微妙に違いますが

雪道と凍結道路は滑り止めの措置が必要ということです。

都道府県によって何がどう違うのかを簡単に言うと、雪が降りやすい地域の方が比較的ルールは厳しいです。

例えばこんな感じです。

青森や岩手など

原付や、けん引される車両のタイヤにもチェーンなどの措置が必要

神奈川や埼玉など

三輪以上の(二輪を除く)規定になってる

沖縄

雪道の規定なし

ノーマルタイヤにスプレーだとどうなる?


TYRE GRIP[タイヤグリップ]スプレー式タイヤチェーン

それではタイヤの雪道用滑り止めスプレーや布製の滑り止め商品を使っていた場合は違反にならないのでしょうか?

これは厳密な規定がないので、警察の担当者などの判断によるようです。

確実なのはチェーンもしくはスタッドレスタイヤを装着するということですね。

というわけで滑り止めスプレーなどは緊急用と思っておくといいと思います。いざというときのために車に積んでおくと便利かも。


AutoSock(オートソック)「布製タイヤすべり止め」ASK645

車体にスプレーがかかるのは困るという場合は、このような布製チェーンもいいかもしれませんね。軽いですしね。

雪道でノーマルタイヤだと罰金は?

雪道にノーマルタイヤは違反ですが罰則はありません。違反点数はゼロ点です。

ただし罰金ではないですが反則金は取られます。

反則金の金額

反則金の金額はこのようになっています。

  • 大型:7,000円
  • 普通・自動二輪:6,000円
  • 原付:5,000円
スポンサーリンク

ノーマルタイヤで雪道の事故 保険はどうなる?

ノーマルタイヤでの事故だからといって全ての保険が適用されないということはありません。ただし違反をしているということから当然過失割合が大きくなる可能性が高いですね。

もちろん保険の契約内容によりますが、運転者に過失があると判断されるということです。

対人・対物(相手)の保険はおりたとしても、もしかしたら人身・車両(運転者)に対する保険は支払われないかもしれません。

それに雪道のノーマルタイヤで事故を起こす場合、追突や衝突などが多く損害が大きいです。

保険どうこうというよりも、他人を巻き込むリスクが高いということを覚えておいた方がいいでしょう。

スポンサーリンク

雪道でノーマルタイヤの違反と罰金のまとめ

雪道をノーマルタイヤで走るのは違反です。そもそも危険すぎます。

いまのところ罰金や罰則はありませんが反則金はありますよ。

それに事故にあった時に保険が一部おりないかもしれません。

事故にならないとしても立ち往生するリスクもあります。安易に運転をせずにチェーンやスタッドレスタイヤで対応しましょう。

ちなみに「積雪時に幹線道路で立ち往生の原因をつくった車に対し、罰金を科す」ということで、国土交通省が道路交通法で罰則や罰金を規定する方向です。大雪での立ち往生は問題になりましたからね。

関連記事タイヤを安く交換する方法!買うならどこ?持ち込みの料金の相場は?