髪の毛を早く伸ばす方法

髪を切りすぎて後悔したり、一日でも早く髪を伸ばしたいと思った経験は誰にでもあるはずです。

わたしも学生の時に一生懸命髪を引っ張ってましたね(笑)

今回は髪の毛を早く伸ばす方法について紹介しますので、あなたができそうなものから試してみてくださいね。


スポンサードリンク

髪の毛を早く伸ばす方法

髪の毛が伸びる長さの平均は1か月で1~1.5cmといわれています。

頭皮の環境や個人差もありますし、30歳を過ぎると新陳代謝の衰えからだんだんと遅くなっていくそうです。

これはどんなに頑張っても5cm、10cmにはなりません。

ですので急激に伸ばす方法はないといえるでしょう。ですが「少しでもいいから早く伸ばしたい」というのであれば試す価値はあります。

少しでも髪の毛を早く伸ばす方法は毛根を健康に保つことです。

頭皮の血行が悪く、栄養が行き渡ってなかったり、毛穴が詰まっていたり、という状況であれば改善することで髪が健康的に伸びることになります。

栄養を摂りながら毛根を清潔に保ち、血行を良くしていきましょう。

髪の毛を早く伸ばす食べ物

髪の毛というのは最後に栄養が行きわたる場所です。栄養というのはまず生命の維持に使われるからです。髪の毛はなくても死ぬことはないですからね。

栄養の摂取が少ないと髪の毛まで行きわたらないので、早く伸ばすには食べ物をバランスよく食べることが大切です。

特に髪の毛のために必要な栄養とは

  • たんぱく質
  • 亜鉛

です。

たんぱく質は髪の毛の材料になります。シャンプーなどのCMでケラチンって聞いたことありませんか?ケラチンとはたんぱく質のことです。

亜鉛は体内のあらゆる場所で大切な役割がありますが、たんぱく質を髪の毛に変える働きもあります。亜鉛は特に日本人に不足しがちな栄養素なので意識して摂りたいですね。

たんぱく質が多く含まれる食べ物は卵・肉・魚などの動物性食品や大豆などの豆類です。たんぱく質は通常の食事であればあまり不足することはありません。ダイエットをしている場合は注意が必要ですけどね。

亜鉛はカキ・レバー・牛肉などに多く含まれています。

亜鉛を考えるなら牡蠣を食べたいところです。大粒なら3個程度で一日分の亜鉛が摂れます。でも毎日続けて食べるものでもないですよね。

たんぱく質も亜鉛も摂るなら牛肉ですね。ヒレでもモモでもいいです。約150g食べると一日に必要な亜鉛が摂れます。

動物性食品が苦手なら大豆食品です。畑の肉といわれる大豆はたんぱく質が豊富ですし、亜鉛もある程度とれます。納豆は血液もサラサラにしますし、豆乳は温めて飲むと吸収が良くなります。

髪の毛を早く伸ばすサプリ

食べ物で摂るのが難しければサプリメントもアリです。亜鉛サプリや大豆イソフラボンサプリが髪の毛を早く伸ばすサプリと言われています。

ただしサプリの場合は過剰摂取に注意が必要です。大豆イソフラボンを多く摂りすぎると婦人科系の病気になるリスクがあります。妊婦は胎児に影響を与える可能性があります。

一部の栄養素ばかり沢山摂るのはよくありません。栄養というのはお互いに助け合って働くものだからです。バランスよく摂らないとあまり意味がありません。

例えばクエン酸は亜鉛を体内に吸収しやすくしますし、ビタミンCはクエン酸の効果をあげます。栄養素がバランスよく入っているマルチサプリを選んだ方がいいでしょう。
海乳EX【定期押しバナー】

髪の毛を早く伸ばす育毛剤

育毛剤を使ったら髪が伸びるのが早くなったという話を聞いたことがありませんか?

育毛剤は頭髪を健康的に育てるのが目的であって、髪の毛が伸びるのが早くなるというものではありません。

ですが髪の毛が伸びるというのは育毛剤のおかげではなく頭皮マッサージの効果と考えられています。育毛剤を使う時には頭皮のマッサージを一緒に行いますよね。もともと血行が悪かった人がマッサージをしたことで髪が伸びると感じたのかもしれませんね。

もちろん頭皮が清潔になるという点は良いと思います。

髪の毛を早く伸ばすシャンプー

髪の毛を早く伸ばすシャンプーという商品があります。

ですがこのようなシャンプーで髪の毛が伸びるかというとあまり期待できないようです。毛穴からでなく今ある髪の毛を緩くして伸ばすものや、髪を引っ張りながら使うものなどがあります。どちらにしても髪が傷みやすいようです。

シャンプーは頭皮と毛穴を清潔に保つものを選ぶのが良いようです。

頭の地肌というのは体の中でも汚れやすい部分なんです。皮脂線は顔のTゾーンの2倍以上、汗腺は手の平や足の裏の次に多いからです。

脂が毛根のところにつまると髪に栄養が行きにくくなります。たまにヘッドスパをしたりクレンジングシャンプーなどを使うとスッキリします。

マッサージをしながら洗うと効果的です。そして洗い方も大切ですが意識してしっかりとすすぐことで頭皮がきれいになりますよ。

最後に冷水ですすぐと毛穴が引き締まって伸びやすくなるとも聞いたことがありますが、なぜなのかはわかりません。「なんでもいいから髪を早く伸ばす方法を試したい」という場合にはやってみてもいいかもしれませんね。
アスタリフト 美髪トライアルキット

髪の毛を早く伸ばすマッサージ

自宅で簡単にできる方法のひとつがマッサージです。

頭皮は顔の皮膚と違って、普通の生活ではほとんど動かないものです。頭皮がかたいのは血行が悪いことにつながります。

頭皮マッサージをすると血行が良くなって栄養が行きわたるようになりますし、毛根の細胞が刺激されます。

髪を早く伸ばす方法 一週間で2センチ

髪を洗う時にマッサージをするだけでも血行はよくなりますが「1週間で伸ばしたい!」など即効性を求めているならこの方法を試してみてもいいかもしれません。

髪を早く伸ばすためにオリーブオイルでマッサージなんて聞いたことありませんか?これは海外の動画ですが一週間で2センチ伸びる簡単な方法です。

1週間毎日続けて3週間空けます。やりすぎると効果が薄れるので1か月をサイクルとするのが良いそうです。

用意するものはヘアオイルです。椿油やオリーブオイルなどでもいいですが、動画ではひまし油(キャスターオイル)とココナッツオイルを半々で混ぜたものが使われています。ひまし油は育毛効果が高いといわれています。

髪の毛を1週間で2cm伸ばすやり方

  1. 頭皮にっぷりとヘアオイルを馴染ませます。べったりするくらいがいいです。
  2. 頭皮マッサージを4分間します。
  3. 4分間頭を下に向けた状態にします。のけぞって顔を上にしてもOK。頭皮に血を巡らせるイメージです。
  4. ゆっくりと頭を持ち上げて、2時間はそのままオイルパックします。ヘアキャップやビニール袋をかぶったり、ラップを巻いたりするといいです。
  5. 通常どおりシャンプーをします。

これを7日間続けます。

髪質によってはシャンプーした後もベタつきを感じるかもしれません。

妊娠中・生理中は避けてください。そしてヘルニアや高血圧の方はかかりつけ医師に相談してから行ってくださいね。

髪を引っ張ると伸びる?

引っ張っても髪の毛は伸びません。毛根への刺激で髪の毛が伸びることはありません。

日本人の髪質はくせやうねりが多いです。髪の毛を引っ張ってこれをまっすぐにすることで伸びたように見えることはあります。

髪を一生懸命引っ張り続けるよりも、ストレートパーマや縮毛矯正をかけた方がいいんじゃないかと思いますね。

髪を結ぶと伸びる?

髪の毛をゴムできつめにしばると毛根が刺激されて早く伸びるという口コミがあります。

これは「髪を引っ張ると伸びる」という情報とほとんど同じですね。

実際には頭皮に負担がかかって抜け毛も増えます。わたしは頭皮が痛くなってしまうのできつく結ぶのはちょっと無理ですね…。

頭皮の健康に自信がある人だけ試してはいかがでしょうか。

髪の毛を早く伸ばすには睡眠

髪を早く伸ばすには夜更かしはしないほうがいいでしょう。

睡眠不足というのは体に負担を与えます。体内の栄養は回復に使われることになり、髪の毛まで行きわたらなくなります。

そしてストレスを感じているときは栄養の吸収が悪くなります。睡眠はストレスを軽減するためにも必要です。少しでも早く髪の毛を伸ばすためには質の良い睡眠を心がけましょう。

髪を早く伸ばすツボ

血行を良くして代謝を上げるツボを紹介します。

百会(ひゃくえ)
頭のてっぺんにあるツボです。両耳から真上にいったところにあります。ツボの王様といわれるくらい有名なツボです。
中かん(ちゅうかん)
みぞおちとおへその中間地点にあります。消化吸収を良くして代謝を上げます。
三陰交(さんいんこう)
足の内側のくるぶしの上から、指4本分上にあるツボです。血行を促進します。冷え性や生理痛にもいいので女性にはおすすめです。

息を吐きながら3秒ほど押して、息を吸いながらゆっくり離すようにします。

ツボというのは一回で効果を出そうとせずに、コマメに刺激するのがコツです。強く押さずに「気持ちいい」と感じる強さで押してくださいね。

髪を早く伸ばすために爪をこする

髪の毛を早く伸ばすために爪をこする方法があります。

爪と爪を上下・左右に約5分ほどこすり合わせるだけです。

これは「爪磨り育毛法」というものでインドのヨガから来ているようです。

冷えやすい指先の血流を良くすることが、全身の血行促進につながるということでしょうか。

ふとしたときに外でもできる簡単な方法なので試してはいかがでしょうか。

髪の毛を早く伸ばす方法のまとめ

髪の毛を早く伸ばすためには栄養と頭皮の血行が大切です。食生活とともにマッサージを取り入れてみましょう。

でも即効性を求めるなら1週間で2cm伸びる方法を試してはいかがでしょうか。もちろん個人差はあるとは思いますけどね。

スポンサードリンク