去年の日焼け止めは使えるか

去年の日焼け止めが余ってたら使おうか悩みますよね。

1年前のものでも効果があるんでしょうか。捨てるにはもったいないと思いませんか?

今回は去年の日焼け止めについて紹介します。

スポンサーリンク

去年の日焼け止めは使えるか?

去年の日焼け止めって使っても大丈夫なのでしょうか。

日焼け止めにはパラベンなどの防腐剤が入っているので、保存状態が悪くなければ去年のものでも使ってしまうという人は多いようです。未開封で直射日光があたらず室内の涼しい場所でほかんしてあれば特に問題はありません。

ただニオイや状態を確認して「なんかおかしい?」と感じたら捨てましょう。

使いかけの日焼け止めは注意が必要です。もし黄色く変色していたら酸化しているということです。細菌が繁殖してる可能性もあります。

劣化しているとかゆみやかぶれが出ることもあります。肌荒れだけでなくシミやしわの原因になることもあるんです。肌には危険ですよね。

中身が固まってしまったらあきらめましょう。

振るタイプの場合、振っても分離していたらもう使えません。

「微妙だな~」と不安があったり、敏感な肌ならパッチテストをしてから使った方が安心です。

使うにしても顔はトラブルが起きやすい場所なので、腕や足など皮膚が厚めの箇所に使うなど、昨年の日焼け止めはボディ用にしてはどうでしょうか。新しく買った日焼け止めを顔に使うようにするといいでしょう。

日焼け止めの消費期限

日焼け止めの使用期限は書いてないものもありますが、未開封で保存状態が悪くなければそのまま使っても大丈夫です。薬事法では「3年間の品質が保障される場合」に使用期限を記載しなくても良いと認められているからです。

つまり日焼け止めは製造から3年が目安ということ。ただし買った時には製造からある程度時間が経っているかもしれないので2年半くらいと思っておいた方がいいかもしれません。

一般的な日焼け止めの使いかけの場合、消費期限は開封してから1年ですといわれています。スプレータイプの場合は開封・未開封に限らず3年です。

オーガニックやノンケミカルなど無添加の日焼け止めは、防腐剤が入ってないことが多いので大体使用期限が書いてあります。もしわからない場合はメーカーに確認するのが一番なんですが、未開封でも長くて1年、開封していたら半年を目安にしましょう。

1年前の日焼け止めは効果ある?

とはいっても古い日焼け止めは効果があるのか心配ですよね。

スポンサーリンク

実は1年前などの時間が経った日焼け止めでもSPF・PAなどの日焼けを防止する性能自体は変わらないといわれています。

ただ他の成分が劣化していくことで肌に悪影響を与えることがあるので、去年の日焼け止めは使わないに越したことはありません。

それに日焼け止めは年々進化しています。研究が進み新しく発売されたものほど、肌に優しく使い勝手も良いです。飲む日焼け止めも手軽に買えるようになりましたしね。

1年前の日焼け止めを高かったからと無理に使おうとせず、安くても新しく買う方がいいでしょう。

捨てるのがもったいないと感じるかもしれませんが、肌に使わなくても別の方法で有効利用ができますよ。

余った日焼け止めの使い道

余ってしまった日焼け止めを捨てずに、別の使い道で有効活用する方法です。

シルバー磨き代用

シルバー磨きの代用に使えます。ツヤを出したいシルバーなどの金属製品を磨くと、オイル成分がサビやくすみを取ってくれます。

ただし細かいデザインのアクセサリーや石のついた指輪などは避けた方がいいでしょう。

サビ取り

シルバー磨きのように、軽いサビは取ることができます。掃除にたっぷりと使ってみてはどうでしょうか。

油性マジック落とし

油性マジックを落とすのに使えます。日焼け止めを馴染ませてから拭き取ればOK。日焼けどめが染みこまない素材であれば使えます。

肌の油性マジックを落とすのにも使えますが、古くなった日焼け止めよりも普通にクレンジングを使った方がいいかと思います。

シールをはがす

はがしたいシールやテープ跡に日焼け止めを塗ってティッシュやラップでパックします。時間を置いてからタオルでふき取るとキレイにはがせます。

はさみの切れ味を戻す

はさみでテープやのりがついたものを切っているとベタベタしてきて切れ味が悪くなりますよね。

ハサミの刃の全体にまんべんなく日焼け止めを塗って、そのままの状態でチョキチョキと開閉します。ティッシュなどでふき取るとベタベタが解消されます。

吸盤を復活

吸盤は使っているといつからかすぐに落ちるようになってしまいます。

この吸盤に日焼け止めクリームを塗ってから使うと密着しますよ。ハンドクリームでも同じ効果が得られます。

去年の日焼け止めについてのまとめ

実際わたしの場合は1年前の日焼け止めは分離もしてないし、ニオイも色も問題ないので使っちゃってます。特に肌トラブルになったことはありません。

スポンサーリンク

でも肌に負担がかかりやすい日焼け止めなのに、古いとさらにリスクがあがります。できれば新しく買った方がいいでしょう。去年の日焼け止めは肌以外にも使えますからね。