年賀状に修正テープ 一文字

年賀状の誤字は1文字くらいなら修正テープや修正ペンで直したくなりますよね。ですがわずかであってもマナー違反?相手に失礼にあたるのでしょうか。

年賀状を一度も間違わずに準備できる人はそう多くありません。一般的にはどのような対処をするべきなのか。

今回は間違えた年賀状はどうすればいいのかをまとめました。

スポンサードリンク

年賀状に修正テープ 一文字だけなら?

年賀状に修正テープというのは失礼です。新年の挨拶ですのでもし間違えてしまったら新しい年賀ハガキを使いましょう。修正された年賀状をもらう側としては気持ちの良いものではないし、非常識だと捉えることもあります。もちろん直接文句を言うことはないでしょうけど。

修正テープや修正液を使うというのは、書き損じでも構わないと判断したということなのです。

目上やお世話になっている方、ビジネス関係であるなら間違いなく書き直しましょう。

わたしも住所や名前を修正された年賀状をもらったことが何度かありますが、残念な気持ちになります。「親しき仲にも礼儀あり」という言葉がありますし、仲が良ければこそ思いやりが出るものだと思いますね。

もし相手が友達で、年賀状の修正なんて本当に気にしないタイプであれば、一文字くらいなら大丈夫かもしれません。その場合でも本来は失礼なことであり、原則としてNGだということを覚えておきましょう。

それでも間違った箇所を修正するのであれば、日ごろ使っている修正テープや修正ペンでは非常に目立ちます。はがき用の修正ペンで最低限の修正にしましょう。


ぺんてる・ペン修正液 はがき用〈油性・水性インキ両用〉 【メール便で送料無料】

色が年賀ハガキになじむので普通の修正テープや修正液よりもまだマシだと思いますよ。ただ修正液を買う値段を考えるともったいない気もします。

間違えた年賀状は交換を

年賀状を間違えたからといって、新しい年賀ハガキを買うのはちょっと待ってください。書き損じたり印刷ミスをした年賀状は郵便局で交換できます。コンビニなど郵便局以外の販売店では交換できません。

一枚に付き手数料は5円かかるんですが、新しい年賀ハガキを買うよりはお得ですよね。

さらに枚数がある程度あれば相殺してくれることも。現金を払わずに済みますよ。わたしは去年違う郵便局で何度かお世話になりましたが、どこも相殺してくれました。

ただこれはスタッフによっては現金で手数料を払うように言われることもあるそうです。その場合は数枚だけ先に切手に交換する方法がおすすめです。

例えば20枚交換なら手数料が100円になります。先に2枚だけ切手104円分に交換(現金10円を払う)。残りの18枚交換の手数料を切手で払いましょう。

現金をほとんど払うことがなく年賀ハガキが手に入るので、間違ったり印刷ミスをしたら交換して新しい年賀状を作りましょう。

ただし年賀ハガキの販売期間でないと交換できません。お年玉の抽選が発表になるころは販売終了されていますね^^;

それでは期間が過ぎてしまったり、去年までの年賀ハガキは交換できないのでしょうか。

スポンサードリンク

去年の書き損じ年賀状は交換できる?

昨年までの書き損じハガキを放置していることもあるかと思います。わたしも印刷ミスしたものを中々処分できずにとってありました。そのままでは使い道もないのに(笑)

古い年賀ハガキを今年の年賀ハガキに交換することはできません。ですが官製はがきや切手、エクスパックなどに交換することができます。切手にしておけゆうパックの着払いにも使えます。

書き損じハガキをそのまま放置しているなら交換してはどうでしょうか。

わたしの場合は古い書き損じハガキをまとめて持っていきました。数年分だったので額面が50円のハガキもありましたが手数料は1枚5円でした。この時に交換した切手で現在も郵便物を出したりしています。

年賀状の修正についてのまとめ

年賀状の修正は一文字であっても、できれば避けた方が良いでしょう。あなたの印象が悪くなることがあるからです。

間違ってしまったハガキは郵便局で交換してもらいましょう。

ちなみに宛先不明で戻ってきた年賀状は使用済みハガキになるので交換はできません。

宛先不明で戻ってきた年賀状は再送できる?出し直しや交換についても
宛先不明で戻ってきた年賀状は正しい住所や名前に書き直せば再配達できるのでしょうか。出し直しや交換などの使い道について...
スポンサードリンク