お花見の一品料理持ち寄り 喜ばれるものや簡単メニューのおすすめ

2018年11月15日料理お花見, 持ち寄り

お花見の一品持ち寄りってみんなでシェアするから何を作るか考えちゃいますよね。

担当の料理が決まっていれば楽ですけど、人数が多かったりするとざっくりとしか決まらなかったりしますしね。

わたしは毎年お花見をしています。持ち寄りのポイントや、実際に喜ばれたものなどを紹介するので参考にしてみてくださいね。

関連記事花見の持ち寄りを買うなら?おつまみの購入やデリバリーもおすすめ
関連記事持ち寄りパーティーの簡単メニュー!冷めても美味しい?人気なのは?
スポンサーリンク

お花見の一品料理持ち寄りのおすすめ

お花見はホームパーティーとは違って屋外でごはんを食べますよね。

そこが重要で、おすすめポイントは

  • 冷めても美味しい
  • 時間が経っても美味しい
  • 取りやすい
  • 風が吹いても大丈夫

ということです。

得意料理だから、なんて持っていくと失敗することがあります。

冷めても美味しいというのは当然ですが、ほかのポイントも知っておいた方がいいと思います。

時間が経っても美味しい

料理を作ってから時間が経っても美味しいというのも大事です。

例:サラダ

例えばサラダ。

サラダにドレッシングをかけてから時間が経つと水分でベチャベチャになります。想像着くと思いますが、もう見るも無残な姿です。

生野菜を持っていくなら、野菜スティックやピクルス、マリネなどがいいということがわかりますよね?もちろんピクルスは液体なしにして持っていってくださいね。

取り分けやすい料理

手を汚さずに箸も使わずに食べれるのが一番ですが、難しくても「これどうぞー」って料理がまわってきたときに、取りやすいかどうかが重要です。

例1:お寿司

例えば寿司。

ちらし寿司をまとめて作ってしまうと食べるときによそうことになります。

でも取る側からすると

  • 一人分の量がわからないから取りにくい
  • お皿には他の料理もあるから乗せにくい

となって遠慮した結果、どんなに豪華に作っても残ってしまい、最後にはカピカピになってしまうんです。

お寿司の場合はちらし寿司じゃなくて、お稲荷さんや巻きずしの方が取りやすいですよね。または、ちらし寿司を作るなら一人分ずつカップに入れて持っていく気遣いが必要かなと思います。

例2:おにぎりやサンドイッチ

おにぎりやサンドイッチなどは食べやすいようにひとつずつラップなどで巻いてあると手を出しやすいです。

たまにお重とかにそのまま並べてるだけなんてことありますけど、特に手で食べるものは個別包装してあると嬉しいですよね。

春らしくタケノコごはんのおにぎりとか食べたいですね♪

お花見の強風

お花見の時期って風が強いことが多いです。ごはんやパン系はすぐにカピカピになりやすいのでラップ推奨です。

あとは刺身とか生ハムとか?すぐに食べきるならいいんでしょうけど。持っていく人は少ないだろうけど、生もの系はすぐに乾いてしまうので注意が必要ですね。

あと風で紙皿が飛ばされやすいんで、料理の一個ずつの大きさをあまり小さくしすぎない方がいいですよ。軽いと飛びます。

経験上はチーズ、焼肉2~3枚、ポッキーなど飛びました。紙皿に乗せてて残念なことになりました。取ってからすぐに食べなかったわたしもいけないんですけど。まぁ、あんまり強風だと食べ物が重くても飛びますけどね(笑)

スポンサーリンク

お花見の持ち寄りで喜ばれるものは?

実際にお花見をするとわかるんですが、温かい食べ物が喜ばれます。ホントに大人気。日陰だったり、ちょっと天気悪かったらめっちゃ寒いですからね。毎年お花見の寒さ対策をしていくんですけど、やっぱり寒い。

あれば保温鍋ごと料理を持っていけば温かいままで食べれます。運ぶのがちょっと重たいですけどね。人気はおでんや豚汁、もつ煮、角煮や煮豚など。一味唐辛子や七味唐辛子など体が温まるスパイスがあるとなお良いですよ~。

保温鍋がなければ発泡スチロールを利用しても保温効果があります。なにもなければ冷めても美味しい料理を作るのがいいと思います。

食べ物ではないですが、お湯を持っていくと喜ばれます。お酒はお湯割りにできるし、温かいお茶やコーヒーは女性陣に好評ですよ^^インスタントの味噌汁やスープという選択肢もありますし。

ノンアルコールで甘酒も人気です。飲む点滴と話題になりましたよね。会話のネタにもなりますよ~。

食べ物でも飲み物でも、お花見の時期はまだまだ寒いですから、温かいものはありがたいですよ。

お花見で簡単メニュー

お花見の持ち寄りを手作りするといっても、そんなに時間かけてられないし、簡単にできるメニューがいいですよね。できれば見栄えがして美味しいとさらに良い、みたいな。

簡単で美味しいのを作って、盛り付けにグリーンリーフを使えばしょぼく見えないw

わたしが簡単に作ったものの中で特に好評だったのはこれらです。

  • つくね焼き
  • からあげ
  • 煮玉子
  • フルーツ

つくね焼きは鶏つくねを小さいハンバーグみたいにフライパンで焼いて甘辛く味付けするだけです。お酒のおつまみにも、おにぎりのおかずにも最適でした。ミートボールも良さそうですね。

からあげは定番メニューですよね。二度揚げすればカリカリのままですよ。わたしは前日に調味料作って漬け込みますが、ホントに時間ない人はカラアゲ粉を使うのもおすすめですよ。

煮玉子は意外でしたね。さすがに別の料理も持っていってたんですけど、あっという間に売り切れました。人数分より多く持っていったんですけど、自分で作ったのに食べれなかったです。

フルーツですが、いちごとブドウはそのままでも食べれて便利です。カットフルーツを持っていくならピックか爪楊枝が必要ですね。

スポンサーリンク

お花見の一品料理持ち寄りのまとめ

冷めても時間が経っても美味しい料理を持っていきたいですね。

でもできれば温かいメニューの方が喜ばれます。無理ならせめてお湯だけでも。

あまり凝った料理は意外と手が伸びなかったりするので、簡単でもみんなが好きそうなものを持参するのがおすすめですよ。

関連記事花見の持ち寄りを買うなら?おつまみの購入やデリバリーもおすすめ
関連記事お花見の持ち物リスト!場所取りに必要なものと注意事項も確認
関連記事持ち寄りパーティーの簡単メニュー!冷めても美味しい?人気なのは?